フィールドテスト


先日、師匠に呼ばれ工房に行ってみると、大きなシカ肉が

「これから、ナイフでこれをさばいてテストするぞ」 と、うれしいお言葉。



そんなわけで、ハンティングナイフでシカをさばきました。

今回使ったナイフは、カスタムナイフメーカーの奈良定氏作製の5”のドロップハンターです。

このナイフ、ミラーの美しさや、シースの出来栄えもさることながら、

なにより、切れる切れる。

骨も、筋も、ストレスなく裁けて、気持ちいい使い心地です。

師匠も「こりゃよく切れるなー。切れすぎるから、お前の切れないナイフもってこい」と・・・

うんちくを語りつつ、手際よく裁いていく師匠。

「ナイフは、こんな風に使われるんだよ。だからそれを想定して作らなければいけない」

「美しいだけでは不完全」

「ナイフもさばく所によっていろんな持ち方をする。それを考えたハンドルの形が好ましい」

ゆえに、かなりタフに使う師匠。

ハンティングナイフは、こうやって実用の中で堅牢かつ、使いやすくなっていったんだと再確認しました。

なるほど、勉強になります。

最終的には、素晴らしいナイフでおいしい肉をさばき、シカ肉を焼いて食べ、

素晴らしい一日になりました。

そんな素晴らしいナイフを作る奈良定さんのHPは↓

http://www.clio.ne.jp/home/nora/

ナイフショーにも出展されています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です