JCKMとはJAPAN CUSTOM KNIFE MAKERSの略です。


今度の4月26日、27日に開催されるのは、JCKMナイフショーです。

プロナイフメーカーが一堂に会す、いわばカスタムナイフの甲子園でしょうか。

今でこそ、参加メーカーが多く、賑やかなショーですが、

創世期はナイフメーカー自体が少なかったようです。

しかし、日本のカスタムナイフ創世期には、勢いがありました。

JCKMのディレクトリーというものが残っています。

directory

たぶん非売品で、会場で配られてたみたいです。

中身はナイフメーカーのナイフ写真とプロフィールが書かれてあります。

日本ナイフの創世期を支えた重鎮がたくさんいらっしゃいます。

しかし、なにはなくともみんな若い!

yaida

若けー。誰だこりゃ(笑)

そして、鍛造の重鎮、加藤清志氏に至っては、

katosan

名前チゲー!

漬物職人みたいになってます。

そんなこんなもありますが、

60ページ前後の本で、中身はナイフメーカーの紹介からナイフとは何ぞやまで、

今あるナイフメイキング本のマスターピースともいえる充実した内容です。

ナイフという市場が日本に存在しなかったその頃、

こうした冊子を自らで作り、

その市場を自ら作り上げていったカスタムナイフメーカーの方々には脱帽です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です