アトランタブレードショー2008 リポート⑧


日本のナイフショーでは、JKGナイフショーに出店している
サイモンリットン氏は、マトリックスアイダとすごく関係が深いのです。
そんなサイモンさんはイングレーバーです。
イングレーバーとは銃とか、銀細工とか、ナイフなどに彫刻を施す人です。
ナイフにイングレーヴすることでその価値を高める。
そんなイカした仕事です。
そんな彼もアトランタで作品を出展しています。
それがコレ↓
サイモン作品
得意のイングリッシュスクロールを、アンティークのペンダントやピルボックスに彫り込んでいます。
すばらしい作品ばかりです。
特にナイフメーカーの奥様方に好評で、かなりの数が売れてしまいました。
サイモンリットン氏は、ナイスガイで、しかもイングレーヴもナイスワークです。
うまいとかうまくないとか色々言う人もいますが、
その作品の素晴らしさは、自分の目で決めればいいのです。
サイモンリットン氏には、10月のJKGナイフショーで会えますマリオ
つづく


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です