鍛造ナイフをつくる③


前回、完成状態に近いところまで加工が終わりました。
いよいよ焼き入れです。
760℃~800℃に加熱し、水で急冷するとマルテンサイト変態し、硬い鋼になります。
このとき、曲がることがあるので、曲がっていたら修正します。
焼き入れ
案の定、僕のナイフもしっかり曲がってしまいましたが、
勇気をもって力を加えたらまっすぐになりました。一安心です。
焼き入れ終了後に焼き入れ前に加工が不十分だったところをベルトグラインダーで修正しました。
仕上げ
今回の鍛造ナイフ教室は終了です。
ただし、今回の教室では「焼き入れ」まで終了したのみですので、
宿題として焼き戻しを自宅でやって仕上げていってくれとのことでした。
そう、鍛造教室は小僧鍛造ナイフ作成の序章にしか過ぎなかったのです…。
つづく。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です