ペティナイフをつくる③


いつもどうも。
先日、焼き入れから帰ってきたペティナイフを今日はいよいよ削っていきます。
もちろんバーキングを使って削ります。
3Mのベルト#60で、バーキングのプラテンに合わせて平面にガンガン削っていきます。
さすがに焼きが入っているだけあって、ブレードは固く、
ベルトの研削能力は普段より力を発揮できませんが、ストレスなく削れていきます。
そして、こんな感じに削れました↓
ペティナイフブレード
フラットグラインドです。
ちなみに立ち上がりは、このようになっています。
ペティ立ち上がれ
あえてがっつり上まで削っております。
高校球児ばりの刈り上げ具合です。
そして、荒削りが終わったら、3M#120→#240→A45まで仕上げてブレードは終了です。
なぜミラーなどにしないかというと、
包丁などはミラーにしてしまうと、切ったものがブレードにくっついてしまうからです。
ここは敢えてサテン仕上げなのです。←今日のポイント
つづく。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です