【Knife Hacks】あれ?このペーパー何番だったっけ?をなくす


ナイフ造りで、ブレードの磨きほど時間のかかるものってないですよね。
だから、ブレードを磨く日は「もう、今日はブレードを磨く日!」と自分で決めて、
その日のうちで仕上げてしまうのが一番です。
でも、そうもいかないのが実際のところ。
急に誘いがあったり、家族に呼ばれたり、ついつい一杯飲んじゃったり…
そんなとき、ふと現場に戻ってみると、
「あれ、このペーパー何番だったっけ?」みたいなことになりがちですよね。
そんな時にピッタリのナイフハックです。
ナイフ小僧のブログ-番手に色
こんな感じで、耐水ペーパーの裏側に色をつけるんです。
写真のように、#800は黄色、#600は紫、#400は赤など。
こうしておけば、ふと工房に戻った時にごみ箱をちらっと見れば
「赤が捨ててあるから次は#600からだな」とかわかるわけです。
工夫次第で二度手間を防ぐことができる例です。
みなさんはどんな風に工夫してますか?
※先日、来店されたお客様から「Knife Hacks」はいい!とおほめの言葉とともに
たくさんのアイデアをいただきましたので、また随時掲載していきます。
ありがとうございました!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です