ハーフタングのナイフを作る⑧


ブレードを耐水ペーパーで2000番まで磨いて、ミラー仕上げ寸前まで完了です。
本来であれば、
ここからダイヤモンドペーストでミラーに仕上げて、ヒルトやハンドルを取り付けるんですが、
なんだか早く形にしたいので、先にハンドルを削ってしまいました。
ここでハンドルをほぼ仕上げ状態までもっていきました。
ナイフ小僧のブログ-ハンドル完了
おー。持ちやすそうな形になりました。(まだ仮止め状態です)
その後、すべて付属品を外して、ダイヤモンドペーストでブレードをミラー仕上げにしました。
ブレードの準備が整った所で、ヒルトを取り付けます。
ナイフ小僧のブログ-ヒルト仕上げ
ヒルトのオモテ面を磨いて、きれいにします。
そして、ヒルト用の接着剤を付けた後、カシめます。
カシメたら、はみ出した接着剤をふき取り、オーブンで熱して接着剤を硬化させます。
ナイフ小僧のブログ-ヒルト取り付け
「硬化を待つ時間はナイフメーカーの憩いのひと時」とは相田義人の言葉です。
ヒルトがきちんとくっついたところで、ハンドルを取り付けます。
今回もハンドル用の瞬間接着剤を使ってささっとハンドルを取り付けてしまいます。
ハンドルを取り付け、ハンドルのカシメピンも取り付けました。
ハンドルはほぼ仕上がっているので、Jベルトの1000番までかけて、完全な仕上げ状態にします。
ナイフ小僧のブログ-ほぼ完成
あとは、バフをかけて磨けばOK。
次はシースの作成です。
つづく。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です