アトランタブレードショー2009 リポート③


ナイフ小僧のブログ
おまたせしました。ナイフショーリポートのつづきです。
アメリカのナイフショーは面白い!
それはなぜかと尋ねたら、
やっぱりそれはこの米国人の持っている「オリジナリティ」がその大きな要因ではないでしょうか。
今回は、そんなオリジナリティ溢れる数々の作品の写真を紹介します。

ナイフ小僧のブログナイフ小僧のブログ

ナイフメーカーは不明※1になってしまったんですが、ミニカーナイフw
「この発想はないわ!」と思わず叫びたくなります。
そして、ちょっとほしい。
見てすぐ、「あ、LAKE!」とわかる個性的かつ上品なロン・レイクのナイフもサラっと置いてあります。
ナイフ小僧のブログ-LAKE
いやというほど並んだランドール…ランドールファン発狂寸前。
ナイフ小僧のブログ
サイモン・リットン氏のテーブル。
すばらしいアンティークとイングレーヴ。
そして、日本ではもう拝むことのできないダガー。この美しい芸術品が違法とはねぇ。
ナイフ小僧のブログ
今日はこんなところです。
ありがとうございました。
つづく。
■追記
※1 このナイフの作者は、Philip Booth氏でした。アメリカのナイフメーカーズギルドの一人です。


“アトランタブレードショー2009 リポート③” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    あ、このナイフは!・・・といえば
    「アウトドアクッキング大事典」
    太田潤 著
    という本の18、185、192ページあたりの写真が気になります。
    YA のマーク。
    でも、このデザインは何というのでしょう?

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >たきさん
    コメントありがとうございます。
    いやー、ちょっと昨日本人にも聞いてみたんですが、
    その本に載ってることすら知らない(忘れた?)!と言ってました。
    申し訳ございません!!!

  3. SECRET: 0
    PASS:
    残念。
    この書籍でナイフを紹介しているのではなくて、この著者が作る野外料理を紹介しているページの中に一緒に写ってるんです。他の書籍でも写っているので、結構愛用されてるみたいなんですね。
    アイアンウッドのハンドルで、ナイフのデザインがちょっと知らないものだったので。。。
    ご本人が忘れてしまったデザインのナイフとか、結構あるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です