銀座ナイフショーに行ってきました 2009夏


ナイフ小僧のブログ-タイトル

ものすごく報告が遅れましたが、銀座ナイフショーが去る2009年7月12日に開催されました。
当日はお客様がかなりの大入りでビックリしました。
銀座ナイフショウの面白いところは、展示していいのがナイフだけじゃないところです。
HPに明記されているとおり、カスタムナイフ及び、男の小物を展示・販売が可能なんです。
この、「男の小物」というのがミソで、ナイフに興味のない人と一緒に会場に来ても十分に楽しむことができます。
たとえば、今回のショーで面白かったのが福井崇博氏の作品。
『タングステンカーバイト』のネックレス。
シンプルなデザインながら、持ってみるとびっくりするくらいの重量感。
そして、この金属は傷がほとんどつかないというタフな素材なんです。
ナイフ小僧のブログ-タングステン
ちなみにこのネックレス、即日完売でした。次回も出品されるんでしょうか?
もちろん、個性的なカスタムナイフメイカーの作品もたくさん。
ディスプレイされているテーブルも個性豊かです。
僕が個人的に気に入ったのが、HIDEさんのディスプレイです。

ナイフ小僧のブログ-HIDEさん

鉛筆消しゴムとナイフをセットにして販売してました。
このナイフをまさに「道具」として売るアイデアが面白いと思いました。 絵もうまい!
ずっと武蔵野金属で働いていた安永さんも出展されていました。
今は独立されて御自分で作ったカスタムナイフとナイフメイキング材料を取り扱う「ナイフ工房やすなが」を経営されています。

ナイフ小僧のブログ-やすながさん

タイ・アーツコレクションは、相変わらずすごいナイフコレクションを放出してました。
ランドールのボウイナイフ、スミソニアン・ボウイ

ナイフ小僧のブログ-タイアーツ
ラブレスのJKG記念モデルのドロップと古川四郎氏のナイフ。
ナイフ小僧のブログ-タイアーツ

入場無料でこんなにいいものを見れるなんて、
ショーほど素敵なものはないですね!
次回の銀座ナイフショウは、2010年2月7日の開催です。
これからどんどん新しいナイフメーカーも増えていきますので、
みなさん是非ナイフショーにお越しください。また、出展者も随時募集中です。
くわしくは銀座ナイフショウHPまでどうぞ。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です