【Knife Hacks】 ナイフのオリジナルマークを作る3つの方法


マトリックスアイダでナイフに入れるオリジナルマークを5000円程度で作れるようになってしばらく経ちました。
思いのほか大好評で、これまでもたくさんのご注文を受けることができました。感謝!
この数か月で
オリジナルマークを作る際、3パターンほどの受付方法が出揃ったのでご紹介です。
基本的にはこの3つの方法のうち、自分に合った方法で注文してもらえればOKです。

1.自分でデザインしたものを印刷して送る

まずは、もっとも基本的な感じです。
自分でデザインしたものをプリンタなどで印刷して持ってきてもらう(送ってもらう)パターンです。
ナイフ小僧のブログ-ステンシル1
↑これは実例で、うちのお客様の実際に送ってもらったステンシル原稿です。
こんな感じで実際のデザインを作って、それをコピーした紙を郵送で送ってくれました。
それをうちで処理をしてステンシルを作成しました。
ナイフ小僧のブログ
かなり渋い感じに仕上がってて、すごくかっこいいデザインですよね。
これが一番確実で簡単な方法です。

2.PCでデザインしたものをメールで送る

たとえばPCのwordなどで作成したファイルをマトリックスアイダまでメールで添付ファイルで送ってもらうのもOKです。
その際、問題は「フォント」と「拡張子」です。
まず「拡張子」ですが、添付ファイルで送ってもらう際に理想的なのは、「.ai」や「.tif」という拡張子ファイルで送ってもらうと助かります。画像ファイルにありがちな「.jpg」「.png」はステンシル作成には不向きです。
つぎに「フォント」について。
pdfファイルやwordファイルで送ってもらう場合、うちのパソコンに入っていないフォントで作成された場合うまく表示されません。なので、フォントの指定を忘れずにしてください。
ナイフ小僧のブログ-ステンシル2
↑これはfukudaさんがWordで作成したオリジナルマークです。
PDFファイルで送ってもらったものです。
とても個性的なデザインですね。BEARTOPEというのはfukudaさんの造語だそうです。いいですね!

3.マトリックスアイダにデザインを依頼する

これも可能です。イメージを伝えてもらって作成しました。
こちらで何パターンか作製して、OKもらって・・・とそれを繰り返してデザインを練り上げていきます。
しかし、やっぱり自分のアイデアで作るのが一番いいかと。
ただ、どんな相談でもお受けします!
と、以上3パターンのオリジナルマークの発注方法があります。
思ったより簡単な話なんです。
とりあえず作ってマトリックスに送っちゃえば1週間でステンシルが完成します。
これを機会にぜひ、マーク作ってみてください!
では。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です