ヒルトレスのナイフを作る その1


久々のナイフ作製日記です。
今回作るナイフは、下記の通り。

1.黒皮付の鋼材から作る
2.ハンドルは新素材のカーボンファイバーを使用
3.ヒルトレス
4.フルタング

穴あけと外形削り出し

ナイフ小僧のブログ-ヒルトレス
まずは外形を削り出すためにマスター通りにケガきます。こういうとき黒皮付きだとそのままケガけて便利ですね。
ナイフ小僧のブログ-ヒルトレス
続いて穴あけ。先に穴をあけてしまうのがミソです。
ナイフ小僧のブログ-ヒルトレス
思いっきり写真を端折ってしまいましたが、外形を頑張って切り出します。
次に、ベルトや耐水ペーパーなどで平面になるようにして黒皮をとってしまいます。

ブレードの削り出し

ナイフ作りの面白いところナンバーワンと言っても過言ではない、ブレードの削り出しです。
またまた写真を撮り忘れてしまいましたが、今回は慎重に慎重を重ねて削ったのでうまく削れました!
熱処理に出して、帰ってきました。
ナイフ小僧のブログ-ヒルトレス
やったぜ!の図
ヒルトレスのナイフなので、ヒルトを付ける必要がありません。
なので、熱処理から帰ってきたらブレードを磨いて、すぐにハンドルの取り付けに入れてしまいます。
次回は磨きとハンドル取り付けです。
つづく
ありがとうございました。
そして、明けましておめでとうございます。


“ヒルトレスのナイフを作る その1” への3件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    ↑そういや、前も同じ様なコメント書いたっけw
    近いうち熱処理おねがいしに行きますね。
    今年もよろしくです~

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >ものずきさん
    明けましておめでとうございます!
    削ってるときってついつい夢中になってしまって・・・
    了解です!次こそはブレード削りを記事にしますね!
    今年もよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です