【Knife Hacks】 ナイフは途中失敗しても最後まで諦めずに作るべき


Matrix-AIDAには、初心者の方が大変たくさん来てくれます。
ナイフ作り始めの人に多いのが、
「いやあ作ってたんだけど失敗しちゃって・・・」と新しい鋼材を買いにくるパターン。
もちろんお店としたらどんどん新しい鋼材を買いに来てくれるのは大歓迎なんですが、でもちょっと待ってください!どんな失敗でもなんとか形にしてください!

どんなに不恰好でも形に

僕も含め初心者の方は思い通りの形にならなくても、最終工程まで行くことが大事です。
それは、ナイフ製作の全体像を知ることが大切だからです。
例えば、ブレードがうまく削れなくてやり直し続け、やっとハンドル研削まで進んだとします。
そしたら今度は、ハンドルが上手くできない・・あーツマンネ。
と、なってしまいがちです。
そうならないためにも、失敗を重ねつつも一度でも最後まで形にすれば、
「ブレードの時はこれを気をつけて、ハンドルの時はこれがポイント」と、1本目とは段違いの作品ができるはずです。
なので、ナイフ作りを始めたばかりのあなた!
どんな不恰好でもイメージとかけ離れても、大事に最後まで仕上げて上げてくださいね!

小僧の失敗

こいつ↓はナイフ小僧の失敗作のペティナイフです。

ナイフ小僧のブログ-ペティ失敗作

カッコよくスウェッジをつけたように装っていますが、実は、間違えて思いっきり削ってしまった跡です。
しかもハンドルも2度付け替えています。
紐穴パイプ短すぎて両側から入れてます。
元々友達へのプレゼントのために作ったんですがあまりに傷だらけになってしまったので、
晴れて自分のものになりました(笑)
でも、こうやって形にすることで反省点が多々見つかりましたし、「次回こそはうまく作るぞ!」と発奮材料にもなりました。
なので、今ナイフ作りに挫けそうになっているそこのあなた!
まずはどんな手を使っても最後までたどり着いてください。
そうすればその先が見えてくるはずです。
では。
ありがとうございました。


“【Knife Hacks】 ナイフは途中失敗しても最後まで諦めずに作るべき” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    >雄さん
    いつもありがとうございます。
    素晴らしいですね!
    ナイフの鋼材は錆びることはありますが、時間がたっても再挑戦できますもんね!
    一緒に頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です