【Knife Hacks】 熱処理品を送るならレターパックが便利という話


ナイフ小僧のブログ
地方の方にとって、通信販売の運賃ってものすごく意識するものですよね。
アマゾンジャパンの運賃無料キャンペーンが好評で延長を繰り返すのも頷ける話です。
ナイフの熱処理品を送るのも然り。往復の運賃はなかなかバカになりません。
そこで、「こんなサービスがあるので使ってみては?」という紹介です。
節約上手なお客様たちはレターパックを利用される方が増えてきていますよ。

レターパックはサービス充実

早くて便利な宅急便ですが、その利点は確実性と追跡サービスがあるところ。
ただし、距離によって値段が変わってしまうのが難点です。
その点、レターパックなら全国一律で350円(または500円)で商品が発送できます。
商品がちゃんと届いたか追跡するサービスも利用できるんです!
500円のパックを利用すれば、郵便やさんが手渡しで確実に発送してくれます。
350円の方では手渡しでない場合もありますが、追跡サービスを利用できるのでそれほど心配ないかもしれません。

利用方法

具体的な利用方法としては、専用のパックを郵便局などで購入し、それに商品を入れて送るだけです。
パックを買いに行くのはちょこっと面倒ですが、
発送の時はいちいち郵便局まで行かなくても、ポストに投函できてしまう簡単さ。
もちろん送る商品については「重さが4kgまで、厚みは3cmまで…」と種々の条件はあるものの、熱処理品を送るくらいなら全く問題ありません。
是非一度レターパック使ってみてくださいね。
詳しい情報は、日本郵政のHPで確認してみてください。
たくさんの熱処理が届くのをお待ちしています。
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です