相田義人氏のカスタムオーダーのシース


カスタムナイフの醍醐味といえば、やはり既製品と違った一点物という点です。

世界でったった一つしかない、自分だけの逸品を手に入れる。そこにロマンがあるんだと思います。

逆に、カスタムナイフメーカー(あるいはその他の作家)はお客様のオーダーに応え続けていく使命を自らに架しているわけです。

 

 

先日、相田義人氏が持ってきたのがこのシース。


ナイフ小僧のブログ-未設定

 

お客様から、釣りで使用する際、ベルトにぶら下げてナイフと一緒にプライヤーも携帯したいとオーダーされたそうです。完成品が上記の写真で、プライヤーもしっかり収まり、実際触らせてもらうとプライヤーも着脱しやすく便利そうでした。また、このベルトループの形状ならばベルトを装着した後でもシースを取り付けることが出来ます。

なにより見た目がスマートでカッコいい!

 

 

ただ、自分の作りたいナイフを作るだけじゃない。

お客様の要望や無理難題に真摯に向かい続けることもカスタムナイフメーカーには必要なことなんですね。

また今日も、世界にたった一つの作品が生まれたのでした。

 

 

 

ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です