【Knife-Hack】 ヤスリの進め方の基本


ナイフメーキングをこれから始める人も、すでに始めた人も、ヤスリで鋼材を削り出していく方法でナイフ作りをしている人がほとんどだと思います。
ヤスリでブレードを削るときに一番苦心するのは、「きれいな平面が作れないこと」です。
闇雲に削っているとブレードの中央が膨らんで蛤刃のような形状になってしまうことも。
そんなブレードのフラット面を出すのに苦労しているあなたにちょっとしたヒントです。
平ヤスリには基本的なヤスリの進め方が直進法、斜進法、併進法の3つあります。
いずれも用途が違うので、工程ごとに削り進めていく方法を変えることが出来ます。
ナイフ小僧のブログ-ヤスリの進め方
おそらく、多くの方がすでに無意識のうちに上のようなヤスリの使い方をしてるかもしれませんが、無意識で削っていくのと、目的を持って研削方法を意識するのとでは結果は大違いです。
次回作は是非、ヤスリの進め方を意識して削ってみてください!
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です