カイデックスのオーダーシース制作


先日、カイデックスでのシース制作のご依頼をいただいたので、シースを制作しました。
その製作過程をブログに掲載します。
まずは設計図の通りカイデックスを切り出します。
カイデックスシースを作るときは、できるだけ大きめに切ったほうが失敗が少なくなります。
ナイフ小僧のブログ
ヒートガンでカイデックスを温めます。
最終的には全体を熱するんですが、裏側から温めたほうが安全です。
オモテ面を温め過ぎると表面が溶けてテカテカしてしまうからです。
ナイフ小僧のブログ
カイデックスは180℃から200℃程度でヘニャヘニャになります。
こんな感じで薄いお餅のような柔らかさです。
ナイフ小僧のブログ
充分に温めたら、すかさずプレッシャーをかけます!
ここはシミュレーションを繰り返し、段取りをしっかりして、ミスなくハサミましょう!
ナイフ小僧のブログ
しっかりプレッシャーをかけると、カイデックスがナイフの形になります。
これが強固なロック機構を生むわけです。
ナイフ小僧のブログ
写真を取り忘れていますが、予め作っておいたベースと組み合わせると、もうほぼシースの形が見えてきますね!今回はメンテナンスもしやすいネジ止めにしました。
ナイフ小僧のブログ
普通のシースならここからいらない部分を削りとってほぼ完成ですが、
お客さまのオーダーで長穴加工が欲しいということで、フライス盤を使って長穴加工を行います。
ナイフ小僧のブログ
無事に穴加工が終了したので、ネジ止め部分を増やし、堅牢性を増しました。
ほぼ完成状態ですね。
ナイフ小僧のブログ
ベルトループにはテックロックを使用しています。
ナイフ小僧のブログ
最終的にコバの部分を綺麗に仕上げ、ロックの硬さを調整し、完成です!
ナイフ小僧のブログ
なかなかシブい感じになりました。
ロックの具合も丁度良く、逆さにしても落ちません!
カイデックスシースは手順さえきちんとシミュレーションしてやれば意外と簡単に作ることができます。
是非あなたも自分のナイフのシースをカスタマイズしてみてはいかがでしょうか?
ありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です