ナイフマガジン2011年 12月号


今月のナイフマガジンの表紙はGサカイのSABI KNIFEです。

主な目次

1.TOPICS ナイフの品格を感じさせるロングセラー 古川四郎作「ボウイナイフ」
2.キャンプでナイフアレンジ・ワークショップ!
3.はたらく刃物特別編 大人の技術科
4.東京鍛冶の系譜 特別編 「削ろう会」レポート
6.ブライアン・フェルホルター
7.カスタム・ナイフメイカー 大垣宗義
8.Gサカイ「サビナイフ」フィールドテスト・レポート
9.USNギャザリング・ナイフショウ

今月号のみどころ

みどころ① [ブライアン・フェルホルター]

タクティカルフォルダーのメイカー。加工技術の高さをまざまざと見せつけられてしまいます。
持っている機械も凄いですが、治具も精密。
得てしてうまいナイフメーカーは治具づくりが得意ですね。

みどころ② [USNギャザリングナイフショウ]

ラスベガスで行われたナイフショーのレポートです。
特色あるショーで個性的な作品が多く、見応えがあります。
ヒロ・ソガさんの好みもあるんでしょうが、タクティカル・フォルダーの作品が目立ちました。

みどころ③ [大垣宗義さん]

JKG初期からナイフメーキングを続けている大垣さんの特集です。
仙台の中山商店さんがナイフを取り扱いはじめたのは大垣さんがきっかけとは知りませんでした。
全国にナイフを広めた功労者とも言えるんですね。

KNiFE (ナイフ) マガジン 2011年 12月号 [雑誌]/著者不明
¥1,050
Amazon.co.jp

是非、今月号のナイフマガジンをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です