ナイフマガジン 2012年2月号


今月のナイフマガジンの表紙は渡辺隆之さんがJKGナイフコンテストで受賞した作品です!

主な目次

1.JKGナイフコンテスト
2.Tom Hutton 「真のコレクター」
3.アラスカ流 ビッグゲーム・ハンティング
4.第32回 JKGナイフショー
5.道中俊明
6.日本鍛冶紀行【南アルプス市・鍛冶工房上田】
7.AKI(Art Knife Inviational 2011)
8.マタギの里を訪ねて・復活編 【新連載】野に生きる

今月号のみどころ

みどころ① [JKGナイフコンテスト特集]

JKGナイフコンテストに出品された作品が受賞作以外のものを含めて12作品掲載されています。
このブログでもJKGナイフコンテストの結果を報告しましたが、惜しくも受賞を逃した佳作の作品をじっくり見ることが出来るのは素晴らしいことです。
JKGナイフコンテストへの参加を目指している人にも良い教材になりそうですよ。

みどころ② [Tom Hutton特集]
アメリカの恐るべきナイフコレクターのインタビュー記事です。
マイケル・ウォーカーとかロン・レイクとか素晴らしいナイフばかりが掲載されていて思わずため息が出てしまいます。一見の価値ありです。

KNiFE (ナイフ) マガジン 2012年 02月号 [雑誌]/著者不明
¥1,050
Amazon.co.jp

山本徹さんのHPでロックバックの機構を解説してます!


ナイフ小僧のブログ-山本徹
フォールディングナイフを作ってみたいとは思うものの、やっぱりシースナイフと比べるととっかかりにくいもんですよね。そもそも内部の構造がどうなってるのかさえよく分からないのが本音のところ。フォールディングナイフの教則本なんかも幾つかありますが、まずは日本屈指のフォールディング・ナイフメーカー、山本徹さんのホームページを観てみてはいかがでしょうか?
山本さんは作品集はもちろんのこと、制作工程を事細かに解説するページをホームページで一生懸命作ってくれています。これまでスリップジョイントのフォールディングナイフ、コークスクリューの作り方を解説してくれていましたが、今回新しくロックバックの構造を解説してくれています。
かなり丁寧な解説になっていますので、フォールディングナイフを作ってみたいな・・・と考えているあなた、もしくはフォールディングナイフを作っていて、壁にぶつかっているあなたは、ぜひとも山本徹さんのホームページをご覧になって下さい!絶対参考になる、素晴らしいページですよ。
そして材料はMatrix-AIDAで買ってくださいね!へへへ。