【Knife-Hack】 ZIPPOに名入れ



山形のナイフメーカー、雄さん
のオーダーでZIPPOにエッチングをさせてもらいました。
今回はクロームメッキされたZIPPOに名入れする方法をご紹介します。

クロームメッキされたZIPPOにエッチングする

クロームメッキは防錆に優れているため、エッチングでマークを入れてもすぐにとれてしまいます。
ですから、まずはメッキの内側に隠れている真鍮が出てくるまでエッチングで彫り込んでいきます。
結果がこちら。
クロームメッキが剥がれ、真鍮部分が露出します。綺麗にマーク部分のみ彫り込まれています。
ナイフ小僧のブログ-ZIPPO
今回はマークを黒くして欲しいという要望だったので、ここから露出した真鍮部分に再度エッチングします。
このとき、ステンシルがズレがないよう、細心の注意を払って作業します。
エッチングした結果がこちら。
ナイフ小僧のブログ-ZIPPO
綺麗にマーキング出来ました。
このように、クロームメッキされたものでも、メッキを彫り込んでから露出した部分にマークを入れると綺麗に名入れすることができます。
ということで、今回はZIPPOに名入れをするとどうなるかをご紹介しました。
自分もZIPPOにオリジナルマークを入れたい!という場合はMatrix-AIDAまでご連絡ください。
<注意点>
真鍮へのマーキングはステンレスと比べマークの定着力が弱く、強く何回も擦ると薄くなってしまうのが難点です。しかし、再度エッチングすれば元の状態に戻りますし、逆に綺麗に拭きとってしまえば金色のマークになり、これもまた美しいZIPPOになります。
※今回、記事にすることを快諾してくださった雄さん、そしてご友人の方、ありがとうございました。