2012 ソルバング・ナイフショー・レビュー5


もはやアトランタのブレードショーも終わり、情報としては古くなりつつありますが、「これらの写真をみた誰かの創作意欲や収集欲などのきっかけになれば…!」そして日本のマーケット拡大の一助となるように願いを込めつつ、レビューを続けます。
ちなみにこれまでのレビューはこちら。お暇ならどうぞ。
2012 ソルバング・ナイフショー・レビュー1
2012 ソルバング・ナイフショー・レビュー2
2012 ソルバング・ナイフショー・レビュー3
2012 ソルバング・ナイフショー・レビュー4
HOWARD HITCHMOUGH
ニューハンプシャーに住むハワード・ヒッチモーは1961年から製作開始。
美しいデザインのロックバックやライナーロックのフォールディングナイフを制作している。
美しいダマスカスのブレードと装飾の数々。
見た目はおじいちゃんなんですが、この繊細な作りはまさに職人芸です。
ナイフ小僧のブログ

STEVEN W.HOEL

1970年代から抜群のフォールディングナイフを作り続けているホエル。
好んで石や、白蝶貝をインレイしています。
ナイフ小僧のブログ
ナイフ小僧のブログ
ナイフ小僧のブログ
STEVEN R. JOHNSON
言わずと知れたスティーブ・ジョンソン。
1966年にギル・ヒブンの工房で最初のナイフを製作。その後、Harvey Draper、Rod Chappel、R.W.Lovelessといったナイフメーカーと一緒に働いた。


BIG BEAR STYLE FIGHTER
8-1/2"のブレード、鋼材はCPM-154。ステンレスフィッティング。
サンバースタッグのハンドルはナロータングになっています。
フルタングのものと雰囲気が変わって面白い!
ナイフ小僧のブログ
LOVELESS-STYLE BIG BEAR FIGHTER
8-1/2”のブレード、鋼材はCPM-154。ステンレスフィッティング。
ハンドル材はマンモスアイボリー。こちらはフルタングです。
ナイフ小僧のブログ
GOLD DELUXE CHUTE
Barry Lee Hands氏の彫刻が入った美しいシュートナイフ。ソングホールも18金。
ハンドルはサンバースタッグ、ブレードは4-2/1”でCPM154-CM。
とてもゴージャスなナイフで、大型のファイティングナイフの並んだテーブルの中でも一際目を引く逸品でした。
ナイフ小僧のブログ
JOE L.KIOUS
1969年に制作開始。
素晴らしいフォールディングナイフを40年間作り続けている。
PERSIAN INTERFRAME
ステンレスダマスチールのブレード。インレイされているのは瑠璃(Lapis)という宝石。
ロックのリリース部分が金でできている。
イングレーヴはJoe Masonによるもの。
ナイフ小僧のブログ
RON NEWTON
A.B.Sのマスタースミス。1981年に製作開始。
最近では、モザイクダマスカスのフィックスドブレード、インテグラル、そしてフォールディングナイフを主に制作。Ronはダマスカス鋼からイングレーヴ、金象嵌、全て自らの手で行なっている。
DAMASCUS INTEGRAL PERSIAN FIXED BLADE
1095と15N20 から作られたFour-bar Turkish Damascus鋼。
ナイフの構造は「Integral keyhole」というもの。
実物観たけど、いまいち構造を理解できませんでした・・・。
ハンドルはアイアンウッドで、チェッカリングが施されています。
ナイフ小僧のブログ
JONNY WALKER NILSSON & MATTIAS STYRERORS
スウェーデン出身のふたり。
ふたりともナイフ製作を1988年に開始し、2004年からパートナーとなり、美しいデザインとモザイクダマスカスを二人で作り上げている。Jonnyはハンドルとシースのイングレーヴを、Mattiasはレザーワークを担当している。
JURASSIC
恐竜をモチーフにしたイングレーヴを施したブレード。ハンドルは水牛とウォーラスアイボリー、そして美しいカラーのイングレーヴが施されています。
ハンドルにある星型のマークはヤスリで加工してあり、下に青色が出るように工夫されてあるのです。
恐るべきアイデア、そしてそれを実現する加工技術!
ナイフ小僧のブログ
ナイフ小僧のブログ

WARREN OSBORNE

オーストラリア出身。1979年からナイフ製作開始。
インターフレームやセミーインターフレーム、インテグラルフォールディングナイフなどを制作。
彼のクリーンなデザインと仕上げの美しさは世界中で賞賛されている。
MODIFIED "KALLARA" INTERFRAME DAGGER
ステンレスダマスチールのブレード、ハンドルにはブラックのエメラルドと白蝶貝がインレイされている。
ハンドルの縁には24金の小さなボールがあしらわれています。これは、Jule Warenski-Erickson氏によるもの。
ナイフ小僧のブログ
※これはダガーですから、日本国内で見ることは出来ません。芸術品なのに・・・残念ですね。
NEW MODEL 35
ステンレスダマスチールのペルシャンブレード。
インレイされているのは碧玉(Jasper)。
ナイフ小僧のブログ
あともうちょっとだけつづきます。(多分あとナイフ写真は2回分です)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です