台座が邪魔でハトメが打てないを解決する


カイデックスシースを作ってる時、ギリギリにハトメを打ちたいのに、台座が邪魔でうまく打てない。
今までそう思っていました。
カイデックスシースを作った事ある人ならわかると思うんですが、シースはできるだけコンパクトにしたいからハトメの位置はワーク付近にデザインすることが多いです。例えば、ちょうどこの下の絵のような位置です。
ナイフ小僧のブログ
だけどハトメ用の台座はサイズがやけに大きく、えてしてこんな状態になりがちです。
これまで強引に打ってはいたんですが、しっかり締まらなかったりして困っていました。
ナイフ小僧のブログ
そこで閃いたのが、「邪魔なら台座削っちゃえばいいじゃん!」ということ。
こんな形をイメージしてみました。
ナイフ小僧のブログ
バーキングでガリガリっと削ってしまったら、しっかりハトメが打てるし安定した形で収まってくれました。
これで快適にハトメ打ちができるようになりました。
出来上がりがこちら。
ばっちりハトメを打てるようになりました!
ナイフ小僧のブログ
ベルトサンダーがないとちょっと加工は難しいかもしれませんが、根性があればヤスリでも加工できるかも。
ハトメ打ちでお困りの方はぜひ試してみてください。