銀座ブレードショー2013/2月 レビューその1


まるで春があわててやってきたかのような陽気に包まれた日曜日、花の銀座のど真ん中で銀座ブレードショーが開催されました。
おかげさまで会場は大盛況でした。
来場者数はもとより会場の熱気が凄まじく、遠くは山形や静岡からこのショーのために上京された熱心なファンもいるほどでした。

作品紹介

残念ながらショーに来られなかった人にちょっとでも会場の雰囲気が伝わればと期待しつつ、今回も僕が気になった作品をご紹介します。


奈良定守さん
是非実物で見て欲しかったこのナイフ。
4インチと5インチの間の4.3インチのセミスキナー。
ブレード、ハンドルのバランスが絶妙で、本当に美しいフォルムでした。
ナイフ小僧のブログ



道中俊明さん

このミニチュアボウイが良かった。
ミニチュアだから細かい部分でいくらでもごまかしが効くだろうに、道中さんは一切の妥協も許さないプロ意識でこの作品たちを完璧に仕上げていました。
ナイフ小僧のブログ


鈴木寛さん
まさにプロの作品ばかりが並ぶ鈴木さんのテーブルです。
どれも素晴らしい、溜息の出るような美しい仕上げのナイフばかりでした。
僕がすごく気になったのがこのナイフのおしりがボールのように加工されたもの。
タングを乱れのない球体に仕上げるその技術も驚きですが、
触ってみるとつるつるしてて何とも言えず、すごく気持ちいい・・・そして何よりも握りやすい!
これはスグレモノですよ。
ナイフ小僧のブログ


ナイフ小僧のブログ



黒沢次夫さん

ナイフショーにはひっきりなしでお客様が見えたので、昼ごはんが食べられずお腹がペコペコ。
そんな時に黒沢さんの机に行くと美味しそうなさんまがありました。
食べたくなるほどリアルなさんま。
ナイフ小僧のブログ


渡辺隆之さん
渡辺さんがまた面白いことをしてました。
ダブルグラインドの上下でブレードの仕上げを変えてたんです。
なんでもお客様の要望で、1本でヘアラインとミラーの2つの仕上げを楽しめるお得なナイフなんだとか。
好みは分かれるところでしょうが、アイデアは面白いですね!
ナイフ小僧のブログ
ナイフ小僧のブログ



高本龍雄さん

このテーブルで一際目を引いたのがこのシュートナイフ2本。
あのラブレスのシュートナイフの完全コピーを企画して制作されたそうです。
特にこだわりが見られたのはヒルトの加工です。
ナイフ小僧のブログ
オリジナルのシュートナイフのヒルトはこのように少しカーブしてるのです。
細部までのこだわりが垣間見られます。
ナイフ小僧のブログ



伊原賢治さん

アイデアマン伊原さんの面白いシースナイフ。
デザインはお客様のものだそうですが、シースが面白い。
ナイフ小僧のブログ
カイデックスでロックするシース。
ナイフ小僧のブログ



鈴木美朗さん

鈴木刃物の鈴木美朗さんの新作は、ハンドルがなんと六角形に削られていました。
これが、なかなかどうしてとても握りやすいんです。
見た目もシャープで、かつ握りやすい、機能美を備えた素晴らしいナイフでした。
ナイフ小僧のブログ
ナイフ小僧のブログ



金井洋一郎さん
鈴木さんのテーブルの横に展示されていたのはJKGナイフコンテストで大賞を受賞した金井さんの作品たち。金井さんは制作歴は短いものの、すでに確固たる個性をもった作り手です。
どれも個性あふれる、素晴らしい作品ばかりでした。
ナイフ小僧のブログ
つづく


“銀座ブレードショー2013/2月 レビューその1” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です