ミラー仕上げに時間がかかる←ゴムパッドが古くない?:Knife-Hack


美しいナイフを作るプロ・ナイフメーカーの重野さんに教えてもらった情報が目からウロコだったので、ご紹介します。

ミラー仕上げに時間がかかるのは、ゴムパッドの劣化のせいかもしれない

重野さんの作るナイフは、目がさめるような美しいミラー仕上げが最大の特徴です。
ミラー仕上げには、ウラワ・ミニターを使用しているのですが、重野さんは結構な高速度でミラー仕上げを行うそうです。
最近、ミラー仕上げの作業中にゴムがブルブル震えるほどになってしまったそうです。ゴムパッドをみてみると、ハイスピードでゴムパッドを回し、押し付けていることと、経年変化によって、知らぬ間にゴムが劣化していたとのこと。
ゴムパッドを交換してみると、あまりにも簡単にミラーに仕上がったそうです。

うちのゴムパッドも見てみたら…

なるほどと思って、うちで使っているゴムパッドをみてみると確かに軟くなってた!
同じ力でおしてみてもかなり硬さに違いがありました。
pad
ゴムパッドの明確な交換時を判断するのは難しいかもしれませんが、
「ダイヤモンドペーストでの研磨作業がうまくいかない」「なんか以前より時間がかかる」と感じた場合は、
ゴムパッドの劣化を疑ってみてもいいかもしれませんよ!
ダイヤモンドペーストの節約にもつながりますしね。

ゴムパッドのご購入はこちらからどうぞ。
http://www.matrix-aida.com/supplies6.2.html


重野さんの美しいナイフはこちらのホームページでご覧ください。
重野ナイフ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です