カイデックスでサスペンダーシースを作った


お客様からのオーダーで、カイデックスでサスペンダーシースを制作しました。
こんなイメージです。いわゆるリュックサックのヒモだけみたいなやつにシースを取り付けるというわけです。
サスペンダーシース

今回製作したのはこのナイフのシース。ナイフの後ろに写っているのが完成品です。
サスペンダーシース

使用したのは、マトリックス・アイダで最近発売になったアーマー・ブラックの厚さ2mmのもの。
使用した大きさは135mm☓210mmくらいでした。

(商品の詳細はこちらの記事で→これは必見!カイデックスに魅力的な新色が2種類登場! | Matrix-AIDA News

そして、出来上がったのがこちら。
カーボン柄がテカテカ光って、めちゃめちゃかっこいい!
こんな風にナイフの形をくっきり出すと、反射角が変わってキラキラします。
サスペンダーシース
サスペンダーシース

装着するとこんな感じになります。
サスペンダーシース

抜くときにしっかりつかめるようにハンドルをできるだけ露出させるようにしました。
サスペンダーシース

今回はできるだけ軽くしようということで、カシメやネジなどは一切使ませんでした。
サスペンダーシース
ナイロンベルトとの結合部は折り曲げただけですが、かなり頑丈にできています。
サスペンダーシース

今回は携帯電話用サスペンダーを持ち込んでいただいて、それを利用してシースを制作しました。
吊るすシースということは、「抜きやすさ」と「抜けにくさ」の矛盾を解決する必要があり、大いに悩み、試作品を作って何度もチャレンジして制作しました。ただ、終わってみれば一番シンプルな形状になった印象です。

もし、カイデックス・シースの制作を依頼されたいという方がいらっしゃいましたら、お気軽にマトリックス・アイダまでご連絡くださいね。
ただ、カイデックスはやってみればそれほど難しいものではないので、是非自分でチャレンジしてみることをおすすめします。
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です