ナイフ・メイキング読本が廃版になるかも…


うちのお店のナイフ・メイキング読本の在庫が切れたので、ワールドフォトプレスに注文したところ、なんと「ナイフメイキング読本が廃版になるかも…」との返答がきました。

ナイフ・メイキング読本―最古の道具、ナイフを自分の手で作る (ワールド・ムック (517))
Amazon.co.jp: ナイフ・メイキング読本―最古の道具、ナイフを自分の手で作る (ワールド・ムック (517)): 本

ナイフ・メイキング読本は、「ナイフを作ってみたい」という初心者のバイブルだっただけに本当に残念です。
現在、ナイフマガジン編集部や営業の方々が再版依頼を出してくれているそうですから、完全に廃版になってしまうかどうかはわかりませんが、今のところは編集部にも在庫がない状態とのことです。

インターネットの情報が充実した昨今、本がなくてもナイフ作りの情報は手に入る様になりましたが、いつでも手元において見ることのできる、こういったハウツー本がなくなってしまうのは、業界としても初心者の方々にとっても、大きな損失です。

ちょっとAmazonをのぞいてみたら、すでに新品は売り切れてしまっているようで、中古本のみの販売になっていました。(2014年1月23日現在)

迷わず買っておくべし

もし、これからナイフを作ってみようかなと思っている方はぜひお早めに購入されることを強くお勧めします。その理由を下記にあげます。

1.手順がとても細やかに書かれています
ヤスリによるシースナイフの作り方、フォールディングナイフの作り方、シースの作り方の手順や必要工具が写真とともに紹介されています。
ナイフメイキング読本

2.R.W.ラブレスと相田義人のナイフデザインが原寸大で掲載されています
R.W.ラブレスの4”ドロップハンター、4”セミスキナー、4.5″ユーティリティハンターの3つの図面と相田義人のデザイン15種類が原寸大で掲載されています。
これをコピーして使えば、すぐさまハンティングナイフ制作にとりかかることができます。
ナイフメイキング読本2ナイフメイキング読本3

誤字脱字があったり、「もうちょっとそこ説明してよ!」みたいなところもありはしますが、上記の通り、それを補って余りある内容になっています。なにより、今、日本語でナイフメイキングを紹介している唯一の本であったのです。
編集部の願いが聞き入れられて、再版が決定されることを切に願っていますが、万が一のことがあるので、これからナイフ作りを始めてようという方は、ぜひ今のうちに購入しておいてくださいね!

ナイフ・メイキング読本―最古の道具、ナイフを自分の手で作る (ワールド・ムック (517))
Amazon.co.jp: ナイフ・メイキング読本―最古の道具、ナイフを自分の手で作る (ワールド・ムック (517)): 本
 
 
 


“ナイフ・メイキング読本が廃版になるかも…” への2件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です