銀座ブレードショー2014 2月レビュー2


さて前回につづき、今回も銀座ブレードショーに展示されていたものを紹介していきます。

奈良定守さん

この4″フィッシングナイフ、ラブレスのデザインですが、このブログの記事「【保存版】ラブレスの4″フィッシングナイフを測ってみたよ!:Knife-Hack」を参考にしてくれたんだとか。なんだかブログ書いててよかったなと思いましたよ。こんなに素晴らしいナイフにであえましたからね。
奈良定さん

ほかにも、ユーティリティなどの良質なラブレスナイフがたくさん展示されていました。すべてがしっかり作られていて実直な奈良定さんらしいナイフばかりでした。
奈良定さん

九鬼隆一さん

スタッグが気に入って、どうしても使いたいという思いから生まれたというビッグベアのデフォルメナイフ、その名も「ビックリベア」。
九鬼さん

シースももちろんデフォルメされていました。
九鬼さん

山崎英雄さん

ショー特別価格のナイフなどを用意していた山崎英雄さんのテーブル。
山崎さんの作るシースは重厚で、コバなどはまるで「木か?」と思うほど硬く、光沢ある仕上がりになっています。
山崎英雄さん

中山英俊さん

天才的で独創的な中山さんのテーブルには、試作中の新しいシステムのフォールディングナイフを展示されていました。
サスペンションのようなバネを使ったフォールディングナイフ。完成が待ちどおしいですね!
中山さん

中山さん

井原行生さん

テーブルの中で、一躍目を引いたのがオリジナルデザインのスキナー。自分で染めたスタッグもいい色していました。
井原さん
タングエンドには方位磁石が埋め込まれています。こういう一手間が作品の付加価値を上げるんですね。
井原さん

高本龍雄さん

Park Side Knives こと高本さんのシュートナイフ。
アイアンウッドをあしらった高級感あふれる作品でした。イングレーブは星山文隆さんによるもの。
高本さん

成恒正人さん

特大のマザー・オブ・パールを使ったニューヨーク・スペシャル!まさに芸術作品です。
成恒さん

川上圭三さん

展示テーブルで銀座ブレードショーにデビューしてから1年。その頃から非凡なものを感じていましたが、今回展示されていたものも素晴らしい物ばかりでした。
この5″ドロップ・ハンターはナタのようにも使えるようにというコンセプトで、あえてフラットグラインドで制作。実用を意識しているところがまたいいですね!
川上さん

こちらははじめて作ったというブーツナイフ。はじめてというのが信じられないほどのクオリティでした。
川上圭三さん

そして…
まだちょっと続きます。

 
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です