銀座ブレードショー2014 2月レビュー4


今回はナイフ以外に販売していたものをご紹介します。
最近では再びナイフメーカーの比率が多くなってきましたが、ナイフ以外のハンドメイドの逸品に出会えるのも銀座ブレードショーの楽しみの一つであります。

山村信彰さん

銀座ブレードショーではおなじみになってきたレザークラフトの山村さん。レザーカービングをふんだんにあしらったシースなどはあまりに格好良すぎて鼻血モノです。
山村さん
そして、すごく良かったのがこのZIPPOケース。小物なのにこの存在感。タバコ吸わないのに思わず欲しくなってしまいました。
山村さん

金子茂樹さん

今回、銀座ブレードショーに初参戦の金子さんもレザーのバッグや小物類をメインに展示していました。
丁寧に作られた小銭入れなどをお手頃な価格で販売していました。
金子さん
コードバン、リザード、バイソン、オーストリッチ、シャーク、クロコダイル、エレファントなど、さまざまな素材の革を使った作品が並ぶテーブルは見ているだけでも気持ちが高揚してきました。
金子さん

武藤美彦さん

緻密で美しいナイフを作る武藤さんのテーブルに、なんとボールペンが!
ボディーは象牙で、銀線が埋め込まれています。なんとも高級感あふれる作品で、多くの人の足を止めていました。値段は未定とのこと。
武藤さん

鈴木刃物製作所さん

鈴木さんのところではハンドル材が特価で販売されていました。ナイフショーにはコレクターだけではなく、自分でナイフを作っているナイフメーカーも多く来場しますから、このように材料販売のテーブルを見て回るのも楽しみの一つですね。
鈴木さん

といった感じで、ナイフ以外のハンドメイドの品などがあり、ナイフに興味が無い人を連れて行ってもなんとか間持ちするという銀座ブレードショーはとても素敵なショーでございます。これからどんどんと盛り上がっていってもらいたいところですね。

次回の開催は2014年7月6日。
残念ながら今回来れなかったあなたも、今回行ってみたら楽しかったあなたも、ぜひ次回の銀座ブレードショーに足を運んでくださいね。

てなことで、今回で銀座ブレードショー2014年2月のレビューを終わりたいと思います。

この他のレビューはこちらから御覧ください。
銀座ブレードショー2014 2月レビュー1 | ナイフ小僧.com
銀座ブレードショー2014 2月レビュー2 | ナイフ小僧.com
銀座ブレードショー2014 2月レビュー3 | ナイフ小僧.com
 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です