うちのすごいお客さん


Matrix-AIDAには、いろんな技術やアイデアを持ったお客様が毎日のようにやって来ます。

今回は、そんな中でも面白くて魅力的なものばかり作っている真島辰也さんの作品をご紹介します。
真島さんは、本業でウッドのインテリアアイテムなどを作っている方です。

なんでも作れちゃう人で、なんと今回持ってきてくれたこのかばんも自作!すごい!
IMG_3027

持ってきてくれたかばんを開けてみると、様々な作品が!楽しそう!
IMG_3030

ということで、今回見せてもらったものをご紹介しましょう。
まずはこれ。なんとブレードが鹿角のフォールディングナイフ!
スプリングはウッドで出来ているのです。うちで売っているウッディキットを元に作ったそうです。切れ味もそこそこで、実際、ペーパーナイフとして使うことができます。
IMG_3003

IMG_3006

肥後守スタイルも!
IMG_3007

もちろん鹿角のナイフだけじゃなくて、鋼材を使ったものも作っています。
これはウルナイフ。実は、うちでD-2の2mm大判を取り扱い始めたのは、この真島さんが提案してきた「ウルナイフ作りたい」という要望からなんです。
IMG_3014

シースもおしゃれです。
IMG_3013

これはD-2で作った皮裁ち包丁。ハンドルが鹿角で超かっこいい!
ものを作るのはもちろん、作ったもので新しいものを作る、まさにクラフトマンですね。こういうの憧れますなあ!
IMG_3020

他にも、市販のパン切り包丁の柄をウッドに付け替えたりもしていました。
ハンドルが木になるだけで、すごく温かみを感じるんですよね。不思議です。
IMG_2999

と、このように様々な技術やアイデアをもった人たちと日々触れ合うことが出来て、僕はすごく幸せ者です。鹿角をブレードにしたり、市販の包丁をカスタムしたりと、なんだかユニークなアイデアをいっぱいもらえて、なんだか創作意欲が湧いてきました。ぜひあなたもこの真島さんの作品に何かを感じたら、なにかモノづくりにチャレンジしてみて下さいね!