ブレードショーで見たラブレスナイフ


R.W.Loveless

僕がまず挨拶に行ったのがラブレスナイフの大物ディーラー、ジョン・デントン氏のテーブルです。
ひとしきり挨拶をかわし、そこにある素晴らしいコレクションの数々をじっくりと見させてもらいました。もちろんどれも売り物です。

写真 2014-06-08 3 16 16
 
 
貴重なシュートナイフのプロトタイプ。それを証明するS.R.Johnson氏のコメントが添付されています。
P6072298
 
 
希少なナロータングのビッグベア。今回の目玉商品です。
こんな貴重なものも「持ってみてよ、フィーリングが凄いやわらかいでしょ?」などと気軽に触らせてもらえるんです。しかもナイフに関する解説を交えて色々と教えてくれます。
P6072303
 
 
これまた珍しいナイフ・フォークセットです。グリーンブックに載っているもので、インテグラル構造だと書かれていましたが、このようになってたんですね!初めて見ることができて感動しました。
P6072305
 
 
これは、ラブレスのコレクターディクソン氏のために作られた一品物。6インチのフィッシングナイフです。ハンドルの形状が絶妙で握り心地が最高でした。
P6072309
 
 
ローンデール時代の作品群。ラブレス初期のものであまりにも高価ですが、状態は良くファン垂涎の品々です。仕上げは後期のものと比べると粗くはありますが、デザインやそのものが持つオーラは尋常ではありません。
P6072311
P6072315

これも貴重品。 New Scandic Knife のプロトタイプです。デントンさん曰く、「実際に作られたモデルよりも少し小さめに作られているのが特徴」だということでした。ちなみにJ.M のイニシャルはJim Merritt。これはもともとジムさんが持っていたものだそうです。
P6072317

S.R.Johnson

テーブルに座っていた奥さんに声をかけていたら、数年ぶりの再会にもかかわらず覚えてくれていて感動しました。ジョンソンさんも相変わらず現役で、すごいファイターを作っていました。もちろんテーブルにあったのは初日だけ。すぐに売り切れたようで、残りの2日間は会場をプラプラと歩いていました。
P6072355

Jim Merritt

ジムさんは本人がテーブルを出すのではなく、ジムの知り合いが代わりにブースを出してLoveless Knives名義でナイフを販売していました。ラブレスが生きていた時と完全に違うものとして存続しています。
P6072335

これがジムが現在作っているナイフ。マークの意匠はほぼ同じですが、ジムのものには「Knives」と刻印されています。ちなみにジムのナイフはMatrix-AIDAでも販売していますよ
P6072334

と、このようにブレードーショーにはいまだラブレスナイフを取り巻く人たちがたくさん出展していて、ラブレスファンにはたまらないショーでもあるのです。


“ブレードショーで見たラブレスナイフ” への1件の返信

  1. こんにちは。

    こんな出品もあるんですね。

    写真と書きたいことが頭の中にてんこ盛りで、さぞかし整理が大変でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です