カスタムナイフのポータルサイト712.JPN.comが誕生


松本ナイフショウの仕掛け人、新井滋氏が新たなカスタムのポータルサイトを立ち上げました。
その名も「712.jpn.com」です。

712.jpn.com

どんなサイトか

カスタムナイフのポータルサイトです。
目玉として、日本のナイフメーカーの名鑑があります。各ナイフメーカーの紹介とリンク先が掲載されています。
ナイフマガジンでもお馴染みの長谷川朋之さんの美しいナイフの写真も印象的に使われていています。長谷川さん本人にナイフの撮影依頼なども出来ます。今後は「Blade Maniax」という電子書籍も月刊で販売していくとのことです。

無料でナイフメーカー名鑑に登録してもらえる

現在のところ、申請さえすればナイフメーカーとして名鑑に無料で登録をしてもらえることができます。登録をする際に自サイトへリンクを貼ってもらうことも出来ます。
すでに自分が登録されている場合もありますので、その際は追加情報などを伝えておけば反映してくれるはずです。ナイフメーカーの方は、是非一度アクセスしてみて自分の情報をチェックしてみてくださいね。

これまで日本ではこういったカスタムナイフの情報が集積するサイトはカスタムナイフ仲間のページしかなかったので、このように体系的に情報をまとめてくれるサイトができることは、ナイフメーカーとしてもカスタマーとしてもメリットが大きいのではないでしょうか。あなたもぜひ一度この712.jpn.comに訪問してみてくださいね!
 
 
712.JPN.COM
 
 

ちなみに・・・

ちなみにJKGに所属しているナイフメーカーはこちらのJKGのサイトで確認できます。
JKGの方にもメールで申請すればWebサイトやEメールのリンクを貼ってもらえるので、リンクのないナイフメーカーは連絡しておいてくださいね!
 
【JKG】ジャパン ナイフ ギルド メーカー会員一覧

 
 


ボタン職人sajiの個展「co-saji」に行ってきた


僕の同級生で、革のボタンを手作りで作っているボタン職人がいる。彼女は定期的に個展を開いたりイベントで展示をしているのだが、神田で個展をやっているというので久々に遊びに行ってみた。

Co-saji

会場はアンティークのボタンなどを輸入販売しているおしゃれなお店CO-(コー)
四畳ほどのスペースにたくさんの作品が展示されてた。

会場写真がこちら。(CO-さんから拝借)
1488712_848704505172108_3930588368834022580_n

数年前はただひたすら革ボタンを制作していた印象があったけど、いつの間にか色んなスキルを手に入れているし、ボタンをモチーフにした小物なども製作するようになっていて驚いた。

これは革なのにまるで木みたいに固くなっているボタン。
2014-12-13 14.14.17-1

ボタンが主役のブローチや髪留め、小物入れなど。自然でおしゃれな色使いがすごく女の子らしくておしゃれ。
ブローチなど。最近は羊毛を好んで使っているらしい。2014-12-13 14.11.53

大きなボタンのブローチ。これをコートやマフラーにつけると服装の印象がガラッと変わる。

2014-12-13 14.12.12

 

髪留め。これはパターンが色々あってどれも可愛いかった。

2014-12-13 14.12.46

 

小さな封筒型のブローチ。

2014-12-13 14.12.04

sajiはなんでも自分で決めて、自ら道を切り開く強い意志をもった女性だ。
静かだけど熱く、真摯に作品と向き合って日々成長している姿はまさに職人。
久々にあって僕も大いに刺激を受けた。こちらが刺激を受けるだけでなく、切磋琢磨し合える仲でいたいと、気持ちを新たにすることができた。今回、最初に紹介した木みたいに硬いボタンを購入してきたので、今度ナイフシースに付けてみる。

 

 

saji 個展 co-saji 2014

開催会場

〒101-0031東京都千代田区東神田1-8-11 1F CO-イベントスペース

開催日時

2014年12月12日(金)〜12月25日(土)12:00-19:00
*会期中の休業日は12/14(日)・12/21(日)・12/23(火・祝)です。

URL

http://sa-ji.com