2016 JCKM/JKG鍛造部会合同ナイフショー レビュー2


2016 JCKM/JKG鍛造部会合同ナイフショー レビュー1 の続きです。

山崎英雄さん

展示されているもののほとんどはすでにお客様に納品したもの。ナイフショーは新作発表の場ではなく、オーダー受付や納品の場所として使うようにしているのが山崎さんのスタイル。

それぞれのお客様と話し合いながら一つのものを作り上げるスタイルはカスタムメイドならではですね。
ヒルトやボルトをスタッグの模様に模して削るスタイルも山崎さんならではです。
IMG_8991

これはかなり昔に製作したものだそう。味があります。
IMG_8993

 

高本龍雄さん

伝説的ナイフメーカーW.W.クロンクのガットフックスキナーをサイズを変更してリメイクしたこのナイフ。
仕上げの丁寧さ、美しさもさることながら絶妙なデフォルメ感!可愛いサイズでありながら存在感抜群です。

IMG_8987

そして、最近チャレンジしているというライナーロックのフォールディングナイフ。
すごいいい感じでした。フォールディングナイフもシースナイフも作れるメーカーは貴重なので、ぜひ続けていって欲しいですね!
IMG_8989

 

内田啓さん

ラブレススタイルのハンティングナイフを実直に製作しているナイフメーカーです。
JKGナイフコンテストで奨励賞を獲得した勢いのまま、たくさんのラブレスナイフを製作しています。
ワーキングナイフだけでなく、ブーツナイフやシュートナイフなどのコレクション要素の高いものにもチャレンジしていて、これからが楽しみなナイフメーカーの一人です。
IMG_9000

IMG_9001

IMG_9002

 

櫻井和幸さん

遊び心いっぱいのフォールディングナイフは、さぞやすごい機械を駆使して作っているとおもいきや、ボール盤と万力そしてヤスリなどのごくわずかな工具から生まれているというから驚きです。
IMG_9014

IMG_9015

これは車のキーと同じ大きさのフォールディングナイフ。厚みも同じに設計されていました!おもしろい!
IMG_9020

裏側のメカニカルな形状も素敵です。

IMG_9019

 

奈良定守さん

加藤清志さんが打ったブレードを使用したコラボレーションモデル。
かなり大型の剣鉈で、迫力満点でした。プレミア度も高い一本です。
IMG_9012

鍛造ナイフだけでなく、ストック&リムーバブルで製作したハンティングナイフも展示しています。
清潔感あるナイフとシースはさすがです。
IMG_9011

IMG_9010

 

鈴木寛さん

ものすごい存在感をもつナイフばかりがならんだ圧巻のテーブルでした。
お客様のオーダーで製作したというこのナイフはどことなくクラシカルなイメージ。星山文隆さんの彫刻もすごい作り込みでした。

IMG_9043
IMG_9044

IMG_9045

 

武市広樹さん

JKCM/JKG鍛造部会のショー唯一のタクティカルナイフ専門ブースとなったテーブル。
ここのところオリジナルモデルの個性がはっきりとしてきたRock Edge Worksさん。
タクティカルナイフにこだわって作っている反面、ハンティングの経験も活かしたユーザー目線のハンドルの形状はとても握りやすく設計されています。ブレードの形状は変わっても、ハンドルの形が大きく変更していないところにそのこだわりを感じます。

IMG_9064

 

タクティカルだけでなく、ハンティングナイフにも強いこだわりがあり、ブレードはミラー仕上げと決まっているそうです。

IMG_9065
もうちょいつづきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です