サンドブラストとカイデックスシースのお手伝い


お客様からの依頼でブレードのサンドブラストとカイデックスシースの製作をさせてもらいました!
今回は、カイデックスとパラコードブレスレットを合わせ技でつかってみました。

お預かりしたナイフはこちら。お客様のオリジナルで、メチャクチャかっこいいデザインのナイフでした。ブラスとしないでこのままでも十分かっこいいのですが、せっかくのご依頼なのでさっそくサンドブラスト仕上げにしていきます。

 

サンドブラスト

ハンドルが取り外しできる形になっているので、まずはハンドルを取り外します。

 

綺麗にかかりました。

 

アフターがこちら。ヘアラインも良かったけど、やってみるとブラスト仕上げが良く似合いました。

 

カイデックスシース製作

さて、続いてはカイデックスシース作りに入ります。
今回のコンセプトは、背中側で横向きに付けられるシース(右利き用)というもの。

ということで、こんな形でご提案しました。
右利き用なので、体の横につけるときは刀のように左側から抜くような形になります。
また、後で付けるときにはナイフが斜めに下がらないようにベルトを付けることとしました。
slooProImg_20160423090119.jpg
 
slooProImg_20160423085751.jpg
 

完成したのがこちら!
デジタル・フォレスト・カモフラージュのカイデックスを使いました。ナイフの先端側にはパラコードブレスレットでベルトに止めるループを付けました。ナイフのデザインと合ってて良いと思いますが、どうでしょう?

slooProImg_20160422004521.jpg

 

今回は、シースの取付方法を考えつつデザインする面白い企画でした。
ナイフが素晴らしかったので、それに見劣りしないものをということで、けっこう試行錯誤してしまい、長期間お待たせしてしまいましたが、喜んでいただけたようで安心しました。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です