東京湾で釣船乗ってきた!


8月のよく晴れた平日、部長に連れられて東京湾で釣りをしてきました。
お世話になったのは門前仲町の深川船宿 冨士見さんです。

深川船宿 冨士見

午前7時におばちゃんが出てきます。それが受付開始の合図で、その場でお金を払うとキス用の釣り針と乗船券を渡してくれます。実はこの乗船券が大事で、帰りに受付にこの券を渡すと冨士見特製の佃煮と交換してくれるのです。ちなみのこの佃煮がめちゃくちゃ美味しい。錦松梅のような感じで、ホカホカのご飯に乗せて食べると何杯でもご飯が食べられます。

立地

船宿冨士見は、門前仲町駅から歩いて10分ほど、釣船橋というそれらしい名前の橋の隣にあります。

価格

キス釣りの場合は1日一人8500円ほど。餌は無料でついてきます。朝7時30分から午後2時30分くらいまで。

釣り

今回の獲物はキスがメインでした。
乗船して、出航を待っていると「これどうぞ」と船員のお兄ちゃんに渡されたのがこの仕掛け。これはなんとタコを釣る仕掛け!はからずもタコ釣りも一緒に楽しめる時期だったようです。

釣果

まずはタコ釣りから開始。小さなカニのついた仕掛けを海底に沈めて、クイックイッとしゃくり続けます。すると突然重くなる瞬間がきます。それが当たりのサイン。そこから焦らず、しばらく仕掛けにタコがかかるのを待って一気に釣り上げます。
能書きを書きつつも当たりに焦りがちな僕は3回ほど逃がしてしまって結局タコボウズ…乗船した中で僕だけタコボウズ…それを見ていた船員さんがお情けで自分がとったタコを1匹恵んでくれました!プライドもなく大喜びしたのは言うまでもありません。
部長は見事にタコを釣り上げご満悦。

その後はキス釣りタイム。ビギナーズラックでキスは7匹くらい釣れたほか、アジ2匹とホウボウが釣れました!
このホウボウ、なんでも高級魚らしいんですが、針を外そうとしたら「ウォー、ウォー」と鳴くのでめっちゃ気持ち悪かったです。


ということで今回の釣果は、二人でキスが17匹、タコ1匹、アジ2匹、ホウボウ1匹でした。(プラス船員さんが恵んでくれたタコ1匹とキス20匹くらい)はじめての船釣にしてはまずまずの釣果でした。

まとめ

ときに東京砂漠なんて呼ばれますが、東京にもこんな風に自然で遊べる場所もまだまだ存在してるものなんですね。
部長はたまにこの船にふらっと乗りに来て「心の洗濯」をしに来るんだそうです。都会のほど近くにありながら、非日常を堪能できる釣船は最高のエンタテインメントでした。


 
 

今回お世話になった釣船屋さん

船長はワイルドでかっこ良く、船員のお兄ちゃんも優しく丁寧に教えてくれます。おすすめですよ!
屋形船 深川 冨士見