Fallkniven S1 Forest Knife用のカイデックスシースをつくる


ご依頼をいただきまして、今回はこちらのナイフのシース製作をします。
Fallkniven S1 Forest Knifeというナイフです。
21fhq-9n8l

 

使用した材料

  • カイデックス・ブラック1.5mm厚
  • ハトメ
  • テックロック(小)

工具

  • カッター
  • ヒートガン
  • フォームプレッシャー15mm×4枚
  • 木工バイス
  • ボール盤

製作工程

今回はコンパクトな折りたたみ式にすること、テックロック小を取り付けること、取り出しやすいように親指で押せるでっぱり(レッジ/Ledge)を作ることが条件でした。
まずはカイデックスをカッターですこし大きめ切り出します。
次にヒートガンでカイデックスを温めて、柔らかくした状態で二つ折りにして木工バイスで挟んで圧力をかけます。

必要な穴をあけます。ベルトに取り付けるためのテックロック用の穴と、パラコードを通せるようにということで先端側にも2つ穴あけをしました。

外形を鉛筆で書きます。これに沿ってカッターで切り出します。

外周をベルトサンダーで綺麗に取ってほぼ完成状態になりました。

レッジはこんな感じになりました。

加工方法は、下図のように出っ張り部分を残して切り出して、この部分だけをあとから温めて折り曲げるという方法です。これは手で折り曲げてもいいし、机に押し付けるのでもOKです。こういった細かな加工を後からでもできるのはカイデックスの良いところです。
%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e8%aa%ac%e6%98%8e

%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%87%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e8%aa%ac%e6%98%8e2
これで完成です。今回作ったのは極めてシンプルな形状になりました。


親指で押してナイフの着脱をアシストできるレッジは、思った以上に効果的でした。これがあるだけでものすごく抜きやすさが向上します。加工も簡単です。銃のカイデックスホルスターなどにも応用できそうですね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です