スウィンガーシースの金具をダブルゲート・カラビナに変更してみた


Matrix-AIDAのハンドスケルペルセミスキナーのシースを交換したいとのご依頼をいただいて、新たに製作しました。

 

今回はズボンなどにぶら下げることのできるナスカンをダブルゲート・カラビナに変更してほしいというご依頼でした。過去に一度同様のものをお作りしたことのある方なので、使い勝手が良かったようです。

 

通常はナスカンをつけていますが、こんかいはこのダブルゲート・カラビナです。これにすることのメリットは、ナスカンの場合破損したら直すのが不可能になってしまいますが、これであればシースがダメにならない限り部品交換ができるところです。

 

実はこれ、けっこう前にナイフメーカーの奈良定さんから教えてもらったアイデアでした。とても便利なので、スウィンガーのシースを作るときに使ってみてはいかがでしょうか?

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です