ナイフの背中(ブレードバック)に滑り止めのギザギザを入れる


デザインによってはブレードバックなどにサム・グルーヴ(thumb groove)とかジンピング(Jimping)と呼ばれてるギザギザの溝加工をして、滑り止め機能をつけたいときありますよね。こんなの。

この加工をするには専用に作られたチェッカリングヤスリを使います。
写真のような構造のヤスリになっていて、この溝をワークにそのまま映すようなイメージです。

使い方は簡単。
まずバイスにワークを挟みます。挟むときに位置をサム・グルーヴの始点に合わせるようにします。そして、バイスの口金に沿わせるようにしてチェッカリング・ヤスリを動かし、溝を切り始めます。横にぶれたりしないように十分注意します。

ヤスリ一つ分の幅が削り終わったら、ヤスリひとつ分の幅を丸ごと移動するのではなく、最初に入れた溝の1つか2つ分を頼りにして、少しずつ削る範囲を広げていきます。尺取り虫のように徐々に進んで行くイメージです。慌てないで少しずつ歩を進めて目標の位置まで溝を切っていけば、苦労することなくきれいな溝を形作ることができます。

完成したのがこちら。きれいなサム・グルーヴが入りました。

ナイフのブレードバックにギザギザを入れたい方は、ぜひチェッカリング・ヤスリをお試しください。Matrix-AIDAでも販売してます。

チェッカリング・ヤスリ

チェッカリング・ヤスリは溝のピッチによっていくつかサイズがあります。
今回の記事で使用したのはこの#9という一番粗目のサイズのチェッカリング・ヤスリです。

チェッカリング・ヤスリ #9


 
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です