カイデックスでゼロミリタリーのミリタリースタイルプロトラクターのケースを作った!


ご依頼をいただいて、Kydexを使ってゼロミリタリーのミリタリースタイルプロトラクター専用のプロトラクターケースを作りました。このプロトラクターには重要な道具であるのにもかかわらず、いわゆる純正の保護ケースというものがなく、使う方はみなさん携行時の保管方法に困っているそうです。仕方なくDVDケースなどで代用している方も多いようですが、DVDケースだと無駄に大きかったり、取り出すまでにふたを開ける工程があってもどかしいなどの不都合があるそうです。

そこでカイデックスの出番です。

カイデックスならば、できるだけコンパクトかつ簡単に取り出すことのできるケースを作ることができます。形状や色も好みに合わせて作れるのもうれしいところ。今回のオーダー主は、なるべくコンパクトかつ、逆さにすると落ちるくらいのゆるさで取り出しもスムーズにしたいとのことでした。

というわけで、完成品はこんな感じに仕上がりました。かっこよくて機能的です。

というわけで、カイデックスならばナイフやホルスターに限らず、日常にある様々なものに応用して利用することができます。カイデックスは少ない工具で比較的簡単にこういったケースやナイフ用のシース、ガンホルスターなどを製作することができます。ぜひ一度お試しください。自分では作れないという方には、オーダーメイドも承ってますので、Matrix-AIDAまでどうぞお気軽にご相談ください。

お問い合わせ


 
 
 


2018 JCKM/ JKG鍛造ナイフ部会合同ナイフショー レビュー3


その2の続きです。

松井透さん

松井さんはピンと位置を工夫してナイフごとに意匠が変わるようにしていました。モザイクピンなどを使えばさらに面白くなりそうです。

 

加藤清志さん

加藤さんといえばこのニッケルダマスカス。ペーパーナイフシリーズは加藤さんの技が駆使されたナイフを日常的に使うことのできるのがうれしいですね。

 

山崎英雄さん

山崎さんはナイフショーでは基本は展示のみで、金鋸の刃で作った小型ナイフを安価で販売しています。はじめは使い終わったものを使っていたのですが、人気があってそれでは間に合わなくなり、このナイフを作るために新たな金鋸の刃を買い足さねばならない状況になっているそうです(笑)

 

吉川英治さん

ラブレスナイフを追求し続ける吉川さんのテーブルは相変わらずこだわりまくったラブレススタイルのナイフが展示されていました。どれも素晴らしいものばかりです。ラブレスに近づけようとする中で出てくる個性が吉川さんのオリジナリティなのかもしれません。

というわけでずらっとナイフをご紹介してきました。ベテランのナイフメーカーの多いショーで、どのテーブルも高品質のものばかりでした。
こうやって見てみるとみなさん様々なアイデアや工夫でお客さんを驚かそうとしているのがわかります。もっともっとたくさんのお客さんにこのナイフメーカーたちのすばらしい作品を直接触れてみてほしいものです。今回来られなかった方も、毎月のようにどこかでナイフショーが開催されていますから、ぜひ遊びにいってみてください!

補足。
今回のナイフショーの様子を間狩純平さんがYouTubeで紹介しています。会場の雰囲気などは動画のほうが伝わりますね。ご覧ください。