「工具読本 Vol.7」でナイフメーキング解説記事が掲載されました


アウトドア雑誌Fielderを出版している笠倉出版社から、ムック本「工具読本」が出版されました。日曜工具読本と題して、あらゆるメーカーの最新工具などが紹介されています。今号はナイフ作り初心者が注目すべき「自分だけのカスタムナイフ製作術」というヤスリでナイフを製作する工程が紹介されています。

記事を担当したのはプロカメラマン兼ナイフメーカー中根祥文さんです。ヒルトレスのドロップハンターとシティナイフというシンプルな形状のナイフを鑢掛けで製作する方法を紹介しています。

鋼材をケガくところから始まり、最後のハンドル整形を網羅した内容になっています。もちろん工具がメインのムック本のワンコーナーですから、ちょいと端折っているところもありますが、ザーッとナイフメーキングの流れを知ることもできますし、本当に最低限必要な工具を知ることもできます。

 

この本の中では自力でガスバーナーを使って熱処理する方法を紹介しています。(立場上、これはお勧めしません。きちんと業者に出して熱処理したほうが鋼材の本来の性能を引き出せるからです。ただ、DIYでナイフ作りを楽しんでみるというスタンスであればチャレンジしてみるのは良いかもしれません。)

この雑誌で知ったのはツボサンからおおよその硬度が測定できるヤスリというのがあるということでした。これでワークを引っ掻いて、そのかかり具合によってHRC40~65までの硬度をおおよそHRC5の誤差範囲程度で測定できるとのこと。ちょっと面白そうですよね。

ともあれ、初心者の方にとっては、有意義な記事ですので、ナイフメーキングが気になっている方は予備知識を得るためにお勧めします。

もちろんメインはニッパーやドライバーなど、男心をそそるカッコいいものや最新の工具が盛りだくさんの内容です。

 

 
ぜひご一読ください。

記事中の硬度チェッカーはこれ。


GM20の試作品(ホワイトスネーク(仮))ができた!


GM20はマトリックス・アイダのオリジナル商品で、ウレタン樹脂素材。
他にはない独創的なハンドル材を作ろうと、いろんなことを試しながらプロジェクトを進めています。

今回、JKGナイフショーに合わせて新たな素材をリリースしました。
C-tekのようにハニカムのアルミに白い樹脂を含浸させてみたところ、単純な白色にならずに、ところどころ灰色の色が出てきて面白い柄になりました。軽く削ってみるとアルミ部分が光り、その姿はまるで白蛇のようです。

ちなみに白蛇は神の化身などと言われ、白蛇の夢を見ると子孫繁栄や財運に恵まれるなんて言われてたりするそうです。
ナイフのハンドル材に使ったら運気が上がっちゃうかもしれませんね。ナイフに限らず、リングや削って小物を作ったりして見ても面白いかもしれません。とりあえず試作ですが、加工性等はすでに実証済みなので、今回製作したものはプロトタイプとしてJKGナイフショーで販売します。よかったら会場でご購入下さい。

GM20は個人で製作しているため、小ロットでオリジナルカラーを作れたりします。アイデアのある方はぜひお気軽にご相談くださいね。