Ben2さん、ご来店


変なナイフのメイキング」というブログを書いているBen2さんは、とても個性的なナイフ(アート作品といったほうがいいのか?)を製作している作家さんです。

ちょくちょくお店のほうに顔を出してくださってるんですが、今回は完成したナイフを見せてくれました。お客さんが作ったものを見せてもらうのが大好きなので、こういうのがめちゃくちゃうれしいです。

 

Ben2さんの新作は魚のナイフシリーズ。
今回持ってきてくれたのはスケルトンタイプのもので、全体が可愛い魚のシルエットになっています。目が真鍮パイプになっているところがおしゃれですね。
デザインだけでなく使い心地もよさそうで、デスクナイフとしてプレゼントしても喜ばれそう。こういうプロダクトデザインができるのがBen2さんのすごいところです。

 

そしてこちらは一風変わって石器風ナイフ。
一見すると黒曜石の矢じりのように見えますが、ステンレスをランダムに削り、黒染めして石器風にしたものです。これはBen2さんのナイフの真骨頂で、過去にもJKGナイフコンテストに出展したりしています。

 

見た目だけではありません。
鋸のようになったこのエッジ、えげつないほどよく切れます。

というわけで、Ben2さんは自由な発想とアイデアでナイフ作りを楽しんでいます。ぼくもBen2さんを見習って固定概念に囚われることなく、自由にナイフ作りを楽しんでいきたいものです。

 

Ben2さんのブログ
Ben2 変なナイフのメイキング

 

 

 

 


Kydexのフリーダムフラッグでホルスターを作った漢がいる


先月新たに入荷したKydexの新色、「フリーダムフラッグ」。アメリカ国旗がはためくとてもアメリカンで派手な素材です。元々その存在は知っていたものの、「日本ではちょっとウケが悪そうだな」と思ってスルーしていました。

ところが、とあるお客様の熱烈な希望により入荷することになりました。
それから一か月ほど、実際のところどうなのかなーと思っていたらそのお客様から、フリーダムフラッグのカイデックスで製作したホルスターの写真が送られてきました。それを見て驚愕しました。

「なんやこれ、めっちゃかっこいいやんけ…」

深夜、静まり返った事務所で、生粋の江戸っ子であるはずのこの僕がPCの画面に向かってよだれを垂らしながらそうつぶやいていました。

その写真がこれ。

銃は東京マルイの「グロック22」。フリーダムフラッグとブラックのツートンカラーが渋い。そして、装着する際はコンシールメントでベルトの内側に装着します。そうするとアメリカ国旗がチラッと覗くだけになってものすごいおしゃれ感。

これを作ってくれたのは、河田翔さんという方です。もうね、惚れました。
河田さん良いものをありがとうございました!ホームページの使用例に使わせていただきます。

Kydexフリーダムフラッグ、素材だけでみると派手ですが、実際にプロダクトになってみるとこれほどカッコいい素材はないかもしれない。あなたもぜひ使ってみてください。ご購入はこちらからどうぞ。

カイデックス フリーダム・フラッグ 2mm厚×300mm×300mm

カイデックス フリーダム・フラッグ 2mm厚×300mm×585mm