アウトドアで実用するナイフを作っているお客様


浪月四季(@namitsuki49)さんは、今年の8月31日からナイフ製作を開始。もともとは学校の課題製作のテーマでナイフを扱おうと思ったのがきっかけでうちのお店に来てくれました。もともとソロキャンプなどをするアウトドア派で、自分で製作したナイフを実際にキャンプに持参して、薪割りテストをしたりしてナイフメーキングとナイフを使った野外活動を楽しんでいます。

一ヶ月に1本くらいのペースでコツコツと作り続けて、8月から数えて3本のナイフを製作。先日、お店に来て2本目と3本目の完成品を見せてくれました。
天然木(カリンとアイアンウッド)をハンドルにした温かみのあるナイフです。丸みの強いハンドル形状が個性的です。とくにお尻の丸みがとってもチャーミング。触り心地も良くて思わずスリスリしてしまいますwシース作りは試行錯誤したとのことですが、なかなかどうしてフィッティングは最高。程よいテンションがかかっていて、ちょっと力を入れるとナイフが解放されてスッと抜け、差し込み時には「カツンッ」という手ごたえとともにナイフがホールドされます。

ブレードに多少の傷が残っていても実用で使うならば全然OK。むしろためらいなく使うことができるし、ハンドメイドの味わいが出ていてとても魅力的ですし、傷一つ一つが汗と努力の証しです。「早くこのナイフを持ってキャンプに行きたい」と嬉しそうに話してくれた表情が印象的でした。焚火のそばにこんな雰囲気のナイフが置かれていたらすごく絵になるでしょうね。浪月四季(@namitsuki49)さんは若干20歳。これからも長くナイフメーキングを楽しんでもらいたいですね。

なんだかこういう風に楽しんで作っている人のナイフをみると自分も作りたくなってきますね。
 
 
 


Ben2さん、ご来店


変なナイフのメイキング」というブログを書いているBen2さんは、とても個性的なナイフ(アート作品といったほうがいいのか?)を製作している作家さんです。

ちょくちょくお店のほうに顔を出してくださってるんですが、今回は完成したナイフを見せてくれました。お客さんが作ったものを見せてもらうのが大好きなので、こういうのがめちゃくちゃうれしいです。

 

Ben2さんの新作は魚のナイフシリーズ。
今回持ってきてくれたのはスケルトンタイプのもので、全体が可愛い魚のシルエットになっています。目が真鍮パイプになっているところがおしゃれですね。
デザインだけでなく使い心地もよさそうで、デスクナイフとしてプレゼントしても喜ばれそう。こういうプロダクトデザインができるのがBen2さんのすごいところです。

 

そしてこちらは一風変わって石器風ナイフ。
一見すると黒曜石の矢じりのように見えますが、ステンレスをランダムに削り、黒染めして石器風にしたものです。これはBen2さんのナイフの真骨頂で、過去にもJKGナイフコンテストに出展したりしています。

 

見た目だけではありません。
鋸のようになったこのエッジ、えげつないほどよく切れます。

というわけで、Ben2さんは自由な発想とアイデアでナイフ作りを楽しんでいます。ぼくもBen2さんを見習って固定概念に囚われることなく、自由にナイフ作りを楽しんでいきたいものです。

 

Ben2さんのブログ
Ben2 変なナイフのメイキング