あなただけのカイデックスシースをデザインするための5つのアイデア



ナイフ小僧のブログ-カイデックス
最近、カイデックスシースを作りたい!とお店に連絡をくださる方がとても多くなってきて嬉しい限りです。
カイデックス無料マニュアルをお渡ししているので、それを見れば基本的な作り方は理解出来ると思いますが、
いざ自分のアイデアで作ろう!と思ってもなかなか難しいもの。
そこで、今回はうちのお店にサンプルとして置いてあるカイデックスシースをご紹介します。
きっといいヒントになるはずです。

アイデア1:厚薄2枚合わせる

タイトル画のシースです。
これは、裏側が3mmの厚手、そして表側は1.5mmを使用しています。
ナイフ小僧のブログ
横から見ると分かりやすいのですが、
裏側の厚手のを直角に曲げることでハンドルが入るスペースを確保しています。
ナイフ小僧のブログ
ベルトループにはテックロックを使用しています。
ナイフ小僧のブログ
とてもベーシックなタイプで、見た目もカッコいいのでオススメの形です。
ただし、ヒルトでロックするタイプなのでヒルトレスのものにはあまり向きません。

アイデア2:ナスカン位置を変えてみる

ベーシックな2枚合わせのシースですが、先端にナスカンを付けるアイデアです。
ロックはハンドル部分の穴を利用しています。
ナイフ小僧のブログ
裏から見るとこんな感じ。
ナスカンのところは特に接着しなくてもピタっとくっつけるだけで十分機能を果たしてくれます。
ナイフ小僧のブログ

アイデア3:ナスカンを別パーツで付ける

これは1枚でナイフを包みこむタイプのシースです。
皮で作るスウィンガータイプに近いですね。
ナイフ小僧のブログ
ナスカンは別のパーツで取り付けてあります。
ナイフ小僧のブログ

アイデア4:シンプルにデザインする

すっぽり包むタイプ。
まさに袋シースに最も近いタイプ。こんな形にもできるんですね。
ナイフ小僧のブログ
裏側はこんな感じです。
ナイフ小僧のブログ

アイデア5:ラブレスポーチタイプにしちゃう

その手があったか!のラブレスポーチタイプのシースです。
ナイフ小僧のブログ
ベルトループはもちろん折り返して作ります。
ナイフ小僧のブログ
ナカゴは厚手を使用。ナカゴを入れることでブレードのスペースの確保とヒルトでのロックを可能にします。
ナイフ小僧のブログ
今回紹介したのは5パターン。
自由な整形ができるカイデックスはあなたのアイデア次第でさらなる可能性を発揮するはずです。
今回紹介したシースを見てインスピレーションを受けたら、是非新しい発想であなただけのカイデックスシースを作ってみてください!
ありがとうございました。


カイデックスシースの作り方が分かる本


とあるお客様から「この本を見てカイデックスに興味を持ちました」といって連絡をもらいました。
その本の題名は「森と暮らすNo.2 ノウハウ図解 山仕事の道具 」。
正直あまりピンとこなかったのですが、すぐさま本を購入してみました。

ナイフ小僧のブログ-カイデックス本

中身を見てみるとびっくり!内容が濃く、めちゃくちゃおもしろい本でした!!
ナタやのこぎり、鎌などの使い方からメンテナンス、修理方法までも掲載されています。
普通は人から教えてもらえないようなナタや鎌、のこぎりの刃の研ぎ方なども載っていてものすごく勉強になります。

そしてなにより、カイデックスを利用したナタや鎌などの鞘の作り方が、10ページにわたり詳細に書かれています。
その他、カイデックスのシースを作る上で悩むロック機構についても素晴らしいアイデアが書かれていて、普通のナイフのシースを作る方にも是非おすすめです。
ナイフ小僧のブログ-カイデックス本

購入はこちらから

この本は、本当にみっけもんです。
道具好きな人なら絶対に損はしない良書ですので、是非買ってみてください!
>森と暮らすNo.2 ノウハウ図解 山仕事の道具 (森と暮らす No. 2)

うちのカイデックスシースの無料マニュアルも好評です!是非お気軽にご連絡ください。