カイデックスで袋シースを作った


以前から鮎釣りをはじめる仲間のためにナイフを作ってます。
今回は水場で使うこともあり、シースを革じゃなくカイデックスで作ることにしました。
しかし、困ったことに今回作ったナイフにはヒルトがないのです。

「ヒルトがないとロックする場所がない!」
ということで、袋シース型にしてその問題を解決することにしました。

まずは型紙を作ります!

何はなくとも型がなくては始まりません。
方眼紙でシースの方を作り、それに合わせてカイデックスも切っていきます。
ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース
カイデックスをカッター切断するのはそれほど苦労はないのですが、曲線が難しい。
そんな時は、Pカッターなるものがあると曲線を切り出すのに重宝します。

まるっと温めます

ヒートガンを使って全体をまるっと温めます。
1分くらい熱していると、お餅みたいにフニャンフニャンになるので、その時を逃さずササッとバイスで挟み込みます。このバイスが2つくらいあると便利ですね!
ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

数分経つとカイデックスが冷めて硬さを取り戻します。
そしたら、バイスで挟んでいた余分な部分をカッターで切り落とします。

ナスカンを取り付ける

続いては、ナスカンを取り付ける部分です。
これは、以前のエントリにあったように濡れタオルを使って部分的に暖めて加工します。

ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

ちょっと適当に巻いてますが…
濡れタオルで加工する部分以外を覆い、熱を持たないようにします。
そして、ナスカンを取り付ける部分を温め、そのままナスカンを取り付けてしまいます!

カイデックスの袋シースが完成!

あとは、カッターで切り落とした部分やバリをベルトや耐水ペーパーで整えて完成です。
正面はこんな感じ。(余分を切り落とした時の写真です)

ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

ナスカンはこのように付いています。
接着などはしておらず、カイデックスのテンションだけでナスカンをロックしています。
こうすることでナスカンとは別の部品をつけたり、手軽にナスカンを交換することが出来ます。
ナイフ小僧のブログ-カイデックス袋シース

この方法であれば、バイスグリップだけあれば簡単にシースを作ることが出来ます。
ロックの原理は以下のとおり。
ナイフ小僧のブログ
こんなので、本当にロックできるのか?と心配になるかもしれませんが、
思いのほかこのロックは強く、逆さにして振ってもナイフが落ちるようなことはありません。
手軽に作れる袋シース、是非あなたもチャレンジしてみてください。


【Knife Hacks】 カイデックスシースの部分的な整形方法


カイデックスシース作りで、意外と上手くいかないのはやっぱり整形ですよね。
木工バイスで挟んでみてもあまり思い通りの形にならない・・・

そういうことにお悩みの方はこんな方法を試してみてください!
身近にあるもので簡単にカイデックスシースをレベルアップ出来るんです。
是非、この方法を試してみて、カッコいいシースなどを作ってみてくださいね!

なんと、秘密兵器は濡れタオル!

ナイフ小僧のブログ-カイデックス整形

上の写真のように、一度整形したあとに形を変えたくないところに濡れタオルを載せるのです。
こうしてからヒートガンで整形し直したいところを温めれば、
なんと濡れタオルが掛かっているところがそのままで、露出している部分だけを整形出来るんです!

注意!
このとき濡れた布なりゃなんでもいいだろと思って、雑巾なんかでやってしまうとヤバいです・・・
ほんわか~と雑巾の匂いが部屋に立ち込めていくのです。雑巾厳禁です。気をつけてください。

ということで、このようキリオン部分など温めたいところを温めたら、
下のようにフォームプレッシャーを使って、指で押してあげると、綺麗にロック部分を整形出来ます。
ナイフ小僧のブログ-カイデックス整形

こまかい修正にも使えます

ロック部分以外でも、木工バイスなどで整形したときに、
「ここの凹凸がいまいちうまく出なかったなー」と思ったら、迷わず洗面所に行ってタオルを濡らしてください。
きっとイメージ通りのカイデックスシースを作ることが出来るはずです。

※ただしこの方法は、ヒートガンなど局所的に温めることが出来る機器を持っていることが条件です。オーブンや直火などで整形している人は、この方法は難しいかもしれません。