第32回JKGナイフコンテスト応募作品紹介-3


前回に引き続き、ナイフコンテスト応募作品の紹介です。これでラスト。

第32回JKGナイフコンテスト応募作品

真栄田義和

フィッシュフラッシュ
シンプルながら、綺麗なデザインで印象に残った作品です。加工精度も高く、素晴らしいナイフでした。
34_%e7%9c%9f%e6%a0%84%e7%94%b0%e7%be%a9%e5%92%8c-1

34_%e7%9c%9f%e6%a0%84%e7%94%b0%e7%be%a9%e5%92%8c-10
 
 

堀居賢司

黄昏
黄昏時の海辺の一幕を描いた作品です。深い海の色合いと傍らでまどろむ猫。猫の何とも言えない表情が好評でした。
35_%e5%a0%80%e5%b1%85%e8%b3%a2%e5%8f%b8-1

35_%e5%a0%80%e5%b1%85%e8%b3%a2%e5%8f%b8-6

35_%e5%a0%80%e5%b1%85%e8%b3%a2%e5%8f%b8-5

 
 

渡辺雄二

13番
オリジナルデザインを作り続ける新しいナイフメーカーです。ブレードが完璧といっていいほど美しく磨き抜かれています。
37_%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%9b%84%e4%ba%8c-1

37_%e6%b8%a1%e8%be%ba%e9%9b%84%e4%ba%8c-8

 
 

内田啓

Loveless 4″Drop Hunter
ラブレスのコピーを目的として製作したというナイフです。単に形を模倣するだけでなく、ラブレスナイフのデザインに隠された彼の哲学を追い求めるスタイルでナイフを製作されているそうです。
38_%e5%86%85%e7%94%b0%e5%95%93-1

38_%e5%86%85%e7%94%b0%e5%95%93-6

38_%e5%86%85%e7%94%b0%e5%95%93-5

星山文隆

ファイター
ナイフはもちろん、金象嵌を普段にあしらった彫刻も本人で施した意欲作です。
豪華絢爛です!
39_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-5

39_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-8

39_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-6
 
 
エレガントドロップ
ハイブリッド・オパールをハンドルに使用したおそらく日本で初めてのナイフです。
市松模様のイングレーブもオリジナリティがあります。
40_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-2

40_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-6

40_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-4

40_%e6%98%9f%e5%b1%b1%e6%96%87%e9%9a%86-7
 
 

藤田守

花筏(はないかだ)ファンタジー・シースナイフ
旅先で入手した「絵柄入りトンボ玉」に「月明かりの中、人知れず散り、流れ行く花びらの連なり」をイメージしたというアートナイフです。和洋折衷の独特な世界観は藤田さんの真骨頂です。
41_%e8%97%a4%e7%94%b0%e5%ae%88-1

41_%e8%97%a4%e7%94%b0%e5%ae%88-5

41_%e8%97%a4%e7%94%b0%e5%ae%88-7

以上の作品が今回のナイフコンテストに出展されたものです。
ご覧になって分かる通り、すべての作品が力作ばかりでどれが受賞してもおかしくなかったコンテストでした。
あなたはどのナイフが好きでしたか?

そして来年、あなたの参加をお待ちしてます!
 
 
 


第32回JKGナイフコンテスト応募作品紹介-2


前回「第32回JKGナイフコンテスト応募作品紹介-1」の続きです。

第32回JKGナイフコンテスト応募作品

大泉好孝

スリムポケット(オリジナルナイフメーカー山本徹氏)
本人がはじめて製作したスリップジョイント。初めてとは思えない精度で製作されていました。
ハンドル材も原貝から切り出して製作したという意欲作です。
20_%e5%a4%a7%e6%b3%89%e5%a5%bd%e5%ad%9d-1

20_%e5%a4%a7%e6%b3%89%e5%a5%bd%e5%ad%9d-3

20_%e5%a4%a7%e6%b3%89%e5%a5%bd%e5%ad%9d-4

 
 

伊東峰樹

アールヴ
R.W.Lovelessのニューヨークスペシャルをモチーフにしたアートナイフです。
ファンタジー色が強い作品で、作品名のアールヴとは妖精という意味。装飾、彫刻とも全て自らが施しています。
22_%e4%bc%8a%e6%9d%b1%e5%b3%b0%e6%a8%b9-1

22_%e4%bc%8a%e6%9d%b1%e5%b3%b0%e6%a8%b9-6

22_%e4%bc%8a%e6%9d%b1%e5%b3%b0%e6%a8%b9-5
 
 

大城将宏

Right horn, Left horn
古事記に登場するツノグヒノカミとイクグヒノカミという二柱の兄妹神から着想を得たというセットナイフです。
兄神はバッファローホーンを使った黒を基調とし、妹神はシープホーンを使った華やかなイメージに仕上げています。

23-123-2_%e5%a4%a7%e5%9f%8e%e5%b0%86%e5%ae%8f-2

23-1_%e5%a4%a7%e5%9f%8e%e5%b0%86%e5%ae%8f-1

23-2_%e5%a4%a7%e5%9f%8e%e5%b0%86%e5%ae%8f-7

 
 

福島幸夫

サイドロック式フォールディングナイフ
2年連続の応募をしてくれた福島幸夫さん。昨年、ナイフコンテストでもらったDVDの作品集で衝撃を受けたそうです。
ことしはサイドロック2丁出しという難しいテーマに挑戦です。
24_%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e5%b9%b8%e5%a4%ab-1

24_%e7%a6%8f%e5%b3%b6%e5%b9%b8%e5%a4%ab-4

 
 

奥田敏朗

SKINNER
応募者の中で最高齢、なんと82歳の奥田さん。今年も応募して下さいました。
R.W.Lovelessのグリーンブックの中にある初期のラブレスナイフを彷彿とさせるデザインのナイフでした。シースが特徴的で、中に磁石を仕込んであり、左右どちらからでも入れることができます。
28_%e5%a5%a5%e7%94%b0%e6%95%8f%e6%9c%97-1

28_%e5%a5%a5%e7%94%b0%e6%95%8f%e6%9c%97-6

 
 

金井洋一郎

LA BELEZA
ポルトガル語で美人という意味の名前を持つ作品です。
鮮やかな色使いでありながら派手すぎないところに色彩のセンスが光ります。
29_%e9%87%91%e4%ba%95%e6%b4%8b%e4%b8%80%e9%83%8e-1

29_%e9%87%91%e4%ba%95%e6%b4%8b%e4%b8%80%e9%83%8e-2

29_%e9%87%91%e4%ba%95%e6%b4%8b%e4%b8%80%e9%83%8e-6

 
 

鈴木豪太

和風?
本当はこのシルエットでフォールディングにしたかったところ、締め切りが間に合わず泣く泣くシースナイフに路線変更をシたそうです。美しいシルエットなので、ぜひ完成形がぜひ見てみたいですね。
30_%e9%88%b4%e6%9c%a8%e8%b1%aa%e5%a4%aa-1

30_%e9%88%b4%e6%9c%a8%e8%b1%aa%e5%a4%aa-5

 
 

小林徹

ニューヨークスペシャル(セットナイフ)
なんとブレードを主に耐水ペーパーでホローグラインドにしたナイフです。しかも一本では飽き足らず、セットのニューヨークスペシャルを作り上げてしまったという強者。クオリティはすこぶる高く、一見しただけでは耐水ペーパーで作業したとは思えない出来栄えでした。

31_%e5%b0%8f%e6%9e%97%e5%be%b9-14

31_%e5%b0%8f%e6%9e%97%e5%be%b9-5

31_%e5%b0%8f%e6%9e%97%e5%be%b9-8

 
 

松村智郎

アウトドア出刃
ブレードは自ら鍛造して製作。極力削るところを減らし、なんと裏スキも鍛造で作り上げています。
凄い技術力をもった実力派の一本です。
32_%e6%9d%be%e6%9d%91%e6%99%ba%e9%83%8e-1

32_%e6%9d%be%e6%9d%91%e6%99%ba%e9%83%8e-6

 
 
あと一回だけ続きます。