ブレード研磨


きょうは、ブレードとテーパーの研磨まで進みました。

これでやっと熱処理に出せました。

ナイフ作成の最大の山場だったので、朝から緊張して作成に臨みましたが、

まーミスしたところは師匠にナイスアシストをしてもらいながら

なんとかここまでたどり着きました!

熱処理から帰ってきたらいよいよ、仕上げの工程へと進めるわけですが、

ハンドル(手に持つところ)の材料どうしようかな、とか

トレードマークのデザインどうしようかな、とか

もう、工程進めば進むほどワクワクしてきます。

すでに次にどんなナイフを作ろうか考えている今日この頃です。

ナイフ作りはすごく楽しいです。


デビュー


とうとう念願の、ナイフ1本目作成開始です。

↓こんな風にステンレスに色付けて、

ダイケムブルー

穴開けたり、削ったり、付属品(ヒルト)作ったり・・・

いろんなとこにいろんなコツがあって、つまづきながら・・・

↓なんとかここまで来ました!

ヒルトまで完成
おもったより、カッコよくできました!
いやーナイフつくるのって予想以上に楽しい。

師、いわく「ナイフ作りは引き算」

たしかに、削りの止め時が難しいです。

はやく次の工程いって、仕上げでピカピカにしたいっす。

ちなみに僕のデビュー作は、教えてもらえる先生のモデルの
「3インチ セミスキナー」です。使用鋼材はATS-34。