革ひも作成


今日は、師匠にナイフにとりつける革ひもの作り方を教わりました。

まずは、こんな風に牛革をカットします。

kiridashi

そして、ナイフのパイプに通して…

toshi

あとは、彫刻等などで「穴をあけて、紐を通す」の繰り返しです。

1
2

すると、カッコイイ 牛革のひもの出来上がりです。

kawahimo

これでフィールドに持っていっても、ささっとナイフを取り出せます!!


完成


とうとう完成しました!記念すべき第1作です。

ハンドル材は、マイカルタですが、かなり珍しい奴です。

名前は不明ですが、オールドマイカルタという種類で、

加工前はワインレッドだったんですが、削っていくと面白い柄になりました!

出来上がったナイフを持ってニヤニヤする僕。

周りから見たらかなり怖いですよね…

作ってみて、ナイフの奥深さに触れました。

たかがナイフだけど、

その1本の中には人類最古の道具ゆえの

あらゆる創意工夫がなされていて、

ステンレスのような固いものから、革の裁縫まで、あらゆる素材に対してあらゆる加工を施します。

人間の英知が詰まったカスタムナイフ。

その魅力に感化されました!

さあ、次はどんなのを作ろうかな。

今回、師匠にならった数々の教えも、少しづつアップしていきます。