SquareがJCBにも対応しました!


スマホやタブレットの端末でクレジットカード決済ができるSquareが、ようやくJCBにも対応してくれました。Matrix-AIDAではネットでの決済もSquareのシステムを利用しています。これまではJCBをご利用のお客様にはPaypalでの決済をお願いしていましたが、これからはメールでクレジット決済がご利用いただけるようになりました。

もちろん、Matrix-AIDAではナイフショーなどの展示会でも主要なクレジットカードをご利用いただけます。現金を持たずにナイフショーに来ても安心してお買い物がしていただけます。個人のナイフメーカーでも徐々にクレジットカード決済に対応している人が増えてきているので、来場客にとってはうれしいことです。

 

Squareの調査によれば、”クレジットカード決済に対応していないお店は、ひと月に1回以上クレジットカードを使う潜在顧客の21%の来店機会を失っている”とのこと。

Squareをはじめ、モバイル決済のサービスは個人でも簡単に登録できます。すべてのナイフメーカーは、クレジットカード決済に対応すべきだと思います。下のリンクから登録すれば、のカード決済額 ¥100,000 分に対する手数料が 180 日間無料になりますよ!

https://squareup.com/i/MATRIXAIDA

 

10月21日、22日はMatrix-AIDAはJKGナイフショーに参加してます。いろいろなお得商品を販売しますのでぜひご来場ください!もちろんクレジットカード決済対応してます!

2017年のJKGナイフショーは10月21日~22日開催です!


アイデアの作り方


「アイデアの作り方」という本がある。広告業界の重鎮ジェームス・W・ヤングという人が書いたこの本は、あらゆる業界でアイデアを生み出すためのバイブルとして重宝されている。

この本の要諦は、ずばり「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」ということ。そして、新しいアイデアを生み出す際、以下の5段階を経ることが肝要だという。

  1. データ集め
  2. データの咀嚼
  3. データの組み合わせ
  4. ユーレカ(発見した!)の瞬間
  5. アイデアのチェック

要点をまとめれば、
「なるだけたくさんのアイデアを収集し、それらを吟味して自分の中で咀嚼した上でありとあらゆる組み合わせを考える。そこまで終わったらあとは無意識に仕事を任せてひらめくのを待つのがアイデアを生み出すコツ」ということ。

何であれ、新しいものを生み出すときに生みの苦しみはある。この本によるならば、新しいアイデアが生まれないというのは、そもそも情報量が絶対的に足りていないか、特定の分野の情報しか収集しておらず組み合わに限界が来てしまっているということかもしれない。

—-
というわけで、このたびKNIVES2018入荷しました。

KNIVESは毎年刊行されるナイフのムック本で、ユニークなものかトラディショナルなもの、ファクトリーのものまで世界中のありとあらゆるカスタムナイフが掲載されています。日本のナイフショーでは絶対見られない超絶デザインやハイレベルな鍛造技術などその一端に触れることができます。これを読んでこれらのナイフのアイデアを自分の中で咀嚼し、組み合わせいけば、きっと誰も思いつかないような新たなアイデアを生み出すきっかけになるんじゃないかなと思います。

KNIVES 2018

 
 
 
アイデアの作り方。ナイフに限らずあらゆる仕事に役立ちます。