ペティナイフをつくる③


いつもどうも。
先日、焼き入れから帰ってきたペティナイフを今日はいよいよ削っていきます。
もちろんバーキングを使って削ります。
3Mのベルト#60で、バーキングのプラテンに合わせて平面にガンガン削っていきます。
さすがに焼きが入っているだけあって、ブレードは固く、
ベルトの研削能力は普段より力を発揮できませんが、ストレスなく削れていきます。
そして、こんな感じに削れました↓
ペティナイフブレード
フラットグラインドです。
ちなみに立ち上がりは、このようになっています。
ペティ立ち上がれ
あえてがっつり上まで削っております。
高校球児ばりの刈り上げ具合です。
そして、荒削りが終わったら、3M#120→#240→A45まで仕上げてブレードは終了です。
なぜミラーなどにしないかというと、
包丁などはミラーにしてしまうと、切ったものがブレードにくっついてしまうからです。
ここは敢えてサテン仕上げなのです。←今日のポイント
つづく。
ありがとうございました。


ペティナイフをつくる②


ペティナイフが焼き入れから帰ってきました!
帰ってきたペティナイフ
おおー。
曲がらずに無事に帰ってきました。
マガラズペティナイフ
こんなに立派になって…
ということで来週あたりから削りに入ります!
ちなみにマトリックスアイダの熱処理情報はこちら

http://www.matrix-aida.com/heattreatment.html
どしどし熱処理品を送ってください。よろしくお願いします。
いきなり送りつけてきてくれてOKです!!
基本的に週2回熱処理をしているので、他店と比べて早くお渡しができるのです!←今日のポイント
ただし、都合により納期が延びる場合もありますのであしからず。
それでは、来週から張り切ってペティナイフを作っていきます!!
つづく。
ありがとうございました。