完成


とうとう完成しました!記念すべき第1作です。

ハンドル材は、マイカルタですが、かなり珍しい奴です。

名前は不明ですが、オールドマイカルタという種類で、

加工前はワインレッドだったんですが、削っていくと面白い柄になりました!

出来上がったナイフを持ってニヤニヤする僕。

周りから見たらかなり怖いですよね…

作ってみて、ナイフの奥深さに触れました。

たかがナイフだけど、

その1本の中には人類最古の道具ゆえの

あらゆる創意工夫がなされていて、

ステンレスのような固いものから、革の裁縫まで、あらゆる素材に対してあらゆる加工を施します。

人間の英知が詰まったカスタムナイフ。

その魅力に感化されました!

さあ、次はどんなのを作ろうかな。

今回、師匠にならった数々の教えも、少しづつアップしていきます。


ブレード磨き


焼き入れから帰ってきたナイフを磨きました!

もう、筋肉痛になるくらい磨きまくりましたよ。

耐水ペーパーを#240から#2000まで磨き倒し、

そのあと、ダイヤモンドペーストやらでリューターで仕上げました。

そしたら、こんなにピカピカになりました!

なんか刃物らしいたたずまいになってきました。

記念すべき1本目の形が見えてきて、ナイフ作りがどんどんと楽しくなってきました。

磨くって言っても、コツが山ほどありんす。

それはまた、次回に続く。