シースをつくる⑤


縫い終わったので、今度はコバの仕上げに入ります!
コバはバーキングで削って、平面を出します。
なかなかきれいになりました。
コバ
そして、コバの仕上げには、バーキングのウールベルトを使います。
ウールベルト
こんなやつです。
ウールベルトはバフ状になってて、継ぎ目がない優れ物です。
このウールベルトに、エッジワックスを塗ります!
バーキングを回転させながら縫ってしまうのです↓
?
そして、ここにさっききれいにしたコバを当てます。
コバ塗り
すると、コバのコーティングがあっという間に終了です!
しかも仕上がりがきれいです!!
ボブさんもこれでコバをきれいにしているそうです。
バフなどの設備がない方には、エッジコートがお勧めです!
つづく。
ありがとうございました。


シースをつくる④


縫い終わりましたので、いよいよウェットフォームです!
こんな按配で、シースを濡らしてしまいます!
ウェットフォーム
ウェットフォームをすることで、皮が軟らかくなります。

ナイフを入れて、ゴシゴシすると…

シースがナイフの形にピッタリ好
ナイフにピッタリ!

その後、皮を乾かします。
この前のブログに書いてあった水抜き穴は、このとき(ウェットフォーム時)に活躍するのです!!
ぴゅーと水が出ます!
(ちなみに縫う前に穴をあけておきますよ)
このウェットフォーム、雨の日とか、湿気の多い日にやるとカビが生えた とか聞いたことあります。(ナイフショーで)
もし、ウェットフォームするときは風通しがいいところで乾かすように注意してください!
さあ、乾いたところで仕上げに入りますか!
つづく
ありがとうございました。