ペティナイフをつくる⑤


毎度ありがとうございます。
前回、ハンドルの取り付けと外形削りまで終了しましたので、ハンドルの荒削りをします。
バーキングに3Mのベルト#60を取り付けまして、ガンガン削っていきます。
しかし、ただ思いのまま削るだけではやっぱりいい形のハンドルはできません。
何事にも「作法」ってものがあります。
今回は、そんなハンドル研削の作法をご紹介です。
①ヒルトの傾斜に合わせて、ハンドルの前部分を削る
②ハンドルおしり側のくびれの部分を削る
③ナイフの背の部分をそぎ落とす感じでつなげる
…すると↓こんな感じに。(言葉で表現するのは難しいですね)
削り作法1
④ナイフのお腹部分を背中側と同様にけずる
↓おーだいぶナイフっぽくなってきました。
このとき(線で左右対称がチェックできるとき)にしっかり対称性を確認しておくべきです。
丸めだすともう迷子になります(^_^;)
削り作法3
⑤丸める
↓握り具合を確認しながら、ほぼ仕上がり寸法程度まで削ってしまいます。
ここらで#120にベルトをチェンジしてます。
削り作法4
この状態になったら、いよいよボルト用の穴をあけます。
次回に続きます。
と、言うことで今回は「駆け足で見るハンドル研削の削り順」でした。
こまかーいコツなどは数え切れないほどありますが…
一番大切なのは
「最終的に目指す形をイメージしながら削る」ってことだそうです。
このことについては、どんなナイフメーカーも異口同音に同じことをおっしゃいますね。
では。みなさんも削ってみてください。そして、こまかーいコツについてはお店に来て聞いてください。
では、ありがとうございました。


ペティナイフをつくる④


久々になってしまいました。
ペティナイフの続きです。
ブレードの研削が終わったので次はヒルト付けです。
いつものように、
①ヒルトをあらかじめ完成寸法に近づける

②接着剤を塗ってカシメ
です。
そして、次にハンドル材を準備します。
ハンドル準備
このように、下が平らなところ(写真は定盤の上)で片面を平らにします。←ポイント
(この前に、フライスでちゃんと直角出してます)
次にハンドルに接着剤で取り付け、外形を削ります。
そして、ボルト穴とソングホールをあけます↓
ハンドル取り付け完了!
こんな状態になりました。
そしてこの段階でひも穴パイプはくっつけてしまいます。
普通、包丁にはひも穴は必要ありませんが、
ここはカスタムナイフの作り方で作る包丁だから敢えてひも穴を付けたままにするのです!!
このあと、いよいよハンドル部分の削り(バーキングでのハンドル研削)です。
つづく。