マトリックス・アイダ 3”セミスキナーのナイフキットを作る①


最近、ナイフを作ることができず、
うだうだとしてましたが、ナイフキットを作る工程を紹介します。
ナイフ作ってみたいという潜在的な方々はたくさんいると思いますが、
正直、道具がなかったり、やすりでギコギコ削ると隣近所が気になったり、
と色々とハードルが高かったりするもんです。
しかし、そんな心配も「ナイフキット」なら大丈夫!
ブレードは削れてるし、ハンドルもある程度加工されてます。
ブレードを磨き上げるところからスタートです。
マリオこれです↓
キット
わくわくするでしょ。
これを仕上げていくと、シブい男のアイテムが完成してしまうんです。
スペックは
ブレード:ATS-34
ヒルト:ニッケルシルバー
ハンドル:マイカルタ(写真はレッドリネン)
ちなみにお値段は¥26,250です。
2万円ちょっとで、
作る楽しさ、
試行錯誤する楽しさ、
作った後に遊べる楽しさを味わえるんだから安いもんです。
まーこんなことばかり書いていたら、作ってるとこ書くスペースがなくなってきたので、つづきは次回。
商品の詳細は↓
マトリックスアイダのホームページまでどうぞ。


そうだ、相田義人氏にナイフ作りを習おう


「自分のカスタムナイフを作ってみたい」とか、

「高いけど、相田義人作のナイフがほしい」とか、

ナイフ好きにはいろんな希望があると思いますが、それらを一気にかなえる方法があります。

それが、風カルチャークラブのカスタムナイフメーキング講座です。

http://www.kaze-culture.com/program/OZU-KNIFE.html

相田工房で、

相田義人につきっきりで教えてもらいながら、とびっきりのナイフを1本作りきります。

これで値段が

1人(個人レッスン)で習うと 89,500円

2人以上で習うと 59,500円

(こういってはなんですが、なんと相田義人のナイフ1本買うより、安い!)

それなのに自分の思いの詰まったナイフが作れるだけでなく、

相田義人の「こんなにナイフ好きな人いないんじゃないか?」というほどのナイフへの情熱を肌で感じ、

さらにはラブレス直伝の秘伝のノウハウが手に入ってしまうんです。

これほど内容が濃く、基礎からしっかり教えてくれる講座です。

http://www.kaze-culture.com/program/OZU-KNIFE.html

日本のマエストロと一緒に作った自分だけのカスタムナイフ。

これ以上の贅沢はありません。

絶対にお勧めですよ。