行ってきました


4月26日、27日にJCKMカスタムナイフショーに行ってきました。
人の入りも上々で、たいへんにぎやかなショーになりました。
jckm
さすがJCKM。
出てくるナイフメーカーさんは重鎮、実力者のオンパレード
いやー、すごいです。
たくさんの人とお話も出来、充実した2日間でした。
印象に残ったのが、とあるナイフメーカーさんの言葉です。
「ナイフ作ってて、こんなに楽しいことはない。
自分が楽しんで作ったものをお客さんが見て、褒めてくれたり、喜んでくれる。
これ以上の幸せはない」
なんて純粋なオヤジなんだ。
かっこよすぎです。
日本では「ナイフつくってる」とか「刃物が好き」とか言うと、引かれることは多々ありますが、
僕は、こんなに純粋にモノづくりをしている人たちが
素直にかっこいいと思います。


JCKMとはJAPAN CUSTOM KNIFE MAKERSの略です。


今度の4月26日、27日に開催されるのは、JCKMナイフショーです。

プロナイフメーカーが一堂に会す、いわばカスタムナイフの甲子園でしょうか。

今でこそ、参加メーカーが多く、賑やかなショーですが、

創世期はナイフメーカー自体が少なかったようです。

しかし、日本のカスタムナイフ創世期には、勢いがありました。

JCKMのディレクトリーというものが残っています。

directory

たぶん非売品で、会場で配られてたみたいです。

中身はナイフメーカーのナイフ写真とプロフィールが書かれてあります。

日本ナイフの創世期を支えた重鎮がたくさんいらっしゃいます。

しかし、なにはなくともみんな若い!

yaida

若けー。誰だこりゃ(笑)

そして、鍛造の重鎮、加藤清志氏に至っては、

katosan

名前チゲー!

漬物職人みたいになってます。

そんなこんなもありますが、

60ページ前後の本で、中身はナイフメーカーの紹介からナイフとは何ぞやまで、

今あるナイフメイキング本のマスターピースともいえる充実した内容です。

ナイフという市場が日本に存在しなかったその頃、

こうした冊子を自らで作り、

その市場を自ら作り上げていったカスタムナイフメーカーの方々には脱帽です。