JKG鍛造ナイフ部会作品展


先日は、銀座ナイフショーへ行ってきました。

大雪の割に、お客さんも盛況でなにより。


ナイフメーカーさん方はお疲れ様でした。


ナイフって本当に不思議ですよね。

単純な形なのに、ナイフメーカーそれぞれの味がありますもんね。


師匠いわく、「ナイフにはあんな小さい中に宇宙がある」

深すぎる話でしたが、確かに十人十色。

それぞれの宇宙があるんですね。




さーて、次回のナイフショーは

第二回JKG鍛造ナイフ部会作品展



tanzo


これはぜひとも観に行かねば!

JKG鍛造ナイフ部会会員による国内初の鍛造ナイフのみの作品展です。
  
今までのナイフショーとは趣きが一味違う興味深い作品展ですのでご期待下さい。
日時  2008年2月24日(日) am10:30~pm4:00
会場  中央区銀座3丁目4-12 文祥堂ビル2階 文祥堂イベントホール
    (中央通り3丁目交差点を外堀通り方面へ2軒目です。)


フォールディングナイフキットをつくる②


ブレードに続いて、

ロックバーなども仕上げていきます。

ただし、ここで気合い入れすぎて形状が変わるほど磨くのはご法度です!

ほどよーく磨きます。

あ、写真はブレードでした…

ロックバー磨き

そしたら、次はハンドル部分の外形を削り出します。

ピンを差して、左右のライナーをくっつけて削ります。

外形

どんどこ削ります。

ただし、削りすぎには注意。

kezuru

このとき削りすぎて、ライナーを少し傷つけてしまいました。失敗。

にやける師匠。

ナイフは引き算です。

引きすぎてしまって後は絶対に足せません。

ちくしょー。

つづく