真夏のアイボリー祭り


このところ、暑さが影をひそめ過ごしやすい日が続いてますね。
工房にこもって、ものづくりしている方には素晴らしい気候です。
さて、今回マトリックスアイダではこっそり「真夏のアイボリー祭り」を開催しています。

真夏のアイボリー祭り
高級ハンドル材のアイボリーですが、その端材を大特価で店頭販売中!
端材なので形はそろっていませんが、ひと手間加えれば使える代物です。
なんと価格は1000円から!
ナイフメーカーに限らず、アクセサリーなどをつくっている人はマトリックスアイダに集合!
すべて売り切れ次第終了なので、この真夏のアイボリー祭りに早いとこ参加してくださいね!
ちなみに「納涼!水牛まつり」も同時開催中です。
納涼!水牛まつり
すべて一点もののため、通信販売としてはカタログに載せれません。
地方の方には大変申し訳ないですが、
興味があって、ご連絡いただければできるだけご希望に添えるように対応します。
以上。
よろしくおねがいします。ありがとうございました。


鍛造ナイフをつくる⑤


まずは、焼き戻しが終わったブレードを磨いていきましょう。
鍛造ナイフ磨き
耐水ペーパー#240からシコシコと地道な作業が始まります。
でもステンレスよりか磨きやすい印象です。
サクサク磨いて、ミラーにしました。
しかしこの行き先がないナイフ、このとき磨きの手を抜いて、完成時に多少傷が残ってしまいました。
いつでも全力を出さないとうまくならないのに…反省です。
気を取り直して、
ヒルトを作成します。
ダイケムブルーでしっかりケガキ線が見えるようにしておきます。
ヒルト作成
さらにヒルトの表面を耐水ペーパーで磨き、きれいにします。
きれいなヒルト
ちなみにヒルトの穴はフライスであけてます。
そういえば、今度のナイフの構造はナロータングです。
つづいてハンドルの作成にかかります。
つづく。
ありがとうございました。